まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

和訳道場

英語の過去形と過去分詞の単語の形が【同じ】場合の見分け方はこれだ!

この記事を読むと過去形と過去分詞が同じ形の見分け方が分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 みなさんは過去形と過去分詞が同じ【形】である単語が英文に出てきたとき、あれ?これどっちかなと思わず解釈に悩んでしまったことはないでしょうか。たと…

同格のthatと関係代名詞のthatの違いとは?その見分け方を和訳問題で徹底解説!

この記事を読むと「同格」のthatと関係代名詞のthatの違いと見分け方が分かります。 ● みなさんこんにちは、まこちょです。 英文を読んでいると文中のthatに下線部が引かれて、「このthatと同じthatを次から選びなさい」なんていう問題がたまに出たりします…

接続詞の後の文(S+V)の省略はちゃんとルールがあった!その方法を教えます

この記事を読むと接続詞の後ろのS+Vの省略ルールが分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 英文は、もちろん英文法のルールに基づいて作られているわけですが、時に「例外」として、そのルールの枠組みから外れてしまうことがあります。 今回ご紹介する…

noの訳し方は日本語にはないってホント?「no+名詞」を簡単に訳す方法を教えます

この記事を読むとno+名詞の訳し方が分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 みなさんは英語学習において「和訳」をすることはよくあると思いますが、その時にこの単語訳しにくい!というシチュエーションに出くわすときがあります。 今回のテーマもみな…

「助動詞+受動態」の訳し方のコツとは?「される」にこだわらない訳出法を身につけよう!

この記事を読むと「助動詞+受動態」の訳し方が分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 日々の英語学習などでよく迷ってしまうものに「能動態・受動態」があります。特にこの「態」が和訳問題などに絡むとふと考えてしまいますね。 「受動態」って何?と…

英語の「同格」表現は超危険!<名詞+文>だけじゃない<文+名詞>のパターンを攻略!

この記事を読むと<文+名詞>の同格表現があることが分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 英文法の学習をしていると、その単元のなかに「同格」という項目があるのはご存知かと思います。 この「同格」表現なのですが、なかなか奥が深く、しっかり理…

OSVとCVSの倒置形はなぜSとVの位置が違うのか?徹底攻略してみた!

この記事を読むとOSVとCVSのSとVの位置が違う理由が分かります。 ●こんにちは、まこちょです。 英文も5文型の形にピタっとハマってくれれば、それほど苦も無く訳せると思うのですが、SVCがCVS、またはSVOがOSVとかに「倒置」するといきなり読むのが難しくな…

SVOCの倒置形OSVCに気づくための方法とは? 和訳のコツを教えます!

この記事を読むとSVOCの倒置形に気づくコツが分かります。 ●こんにちは、まこちょです。 英文はどんなに長い文でも5文型のどれかに振り分けることができるのはみなさんもご存知かと思います。 ところが英文によってはこのSVOCの語順にすんなりハマってくれ…

「様態」表す接続詞のasの見分け方とは?知っておくべき訳出テクニックはこれだ!

この記事を読むと接続詞asが「様態」を表していることがあっさり分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 英語学習者に和訳問題で出題されたときに一番「イヤな」文法単元は何か?と聞くとかなりの頻度で出てくるものがあるんです。 それが接続詞のas。

無生物主語の英文の上手い訳し方とは?5分でわかる簡単なコツ教えます!

この記事を読むと無生物主語の英文の訳し方が分かります。 ● こんにちは、まこちょです。 英語の文章を読んでいると思わず「読みづらい!」と、叫んでしまう文ってありますよね。 今回ご紹介する「無生物主語」の文もそうかもしれません。なんでこんなに読み…

It seems that SV のitは「仮主語」のit !英文を和訳してみよう【和訳道場①】

この記事を読むとit seems thatSVの和訳の仕方が分かります。 ● みなさんこんにちは、まこちょです。 受験生と話をしていると、「和訳問題」が苦手だと良く聞きます。 確かに「英語」を「日本語」に置き換える作業というのは思った以上に大変なもの。「単語…