まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

第22回英文解釈 : 文頭のVingと「挿入」の考え方を徹底考察するぜ!!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161017155042j:plain


● こんにちは、まこちょです。

本日の問題はちょっと復習気味ですが、こんな文章をセレクトしました。

バシっと読んで見ましょうぜ!

本日の問題


[問題]

①We are all, whatever part of the world we come from, persuaded that our own nation is superior to all others.②Seeing that each nation has its characteristic merits and demerits, we adjust our standard of values so as to make out that the merits possessed by our nation are the really important ones, while its demerits are comparatively trivial.

今回は2文で構成された文。じっくり読み込んで見ましょう!

[解説]

[①の文]

「挿入」の処理の仕方は?


● We are all... ⇒ ここだけ見たら「わたしたちはすべてだ」。でも意味が分からないので先を読んでいこう。すると、


We are all, whatever part of the world we come from, persuaded...


先が長いことが分かり、,~,で挟まっている箇所があることが分かりますね。

これ、「挿入」っていって、英文ではよくあるパターンなんだけど、こういった場合は「挿入の部分をいったん外して考える」のが有効。


We are all,~, persuaded...


persuadedがareにくっついていることが分かりました。

persuadeは「説得する」。今回は be persuadedと「受け身」の形になっているので「説得される → 信じている」などと意訳して訳すのがこだわり解釈マスター?です。
訳:「我々はみな、...だと信じている」


「挿入」部分を処理ですが、中身をよ~く見よう。実は「挿入」は中身で処理の仕方が変わるのだ。

「挿入」の処理のパターンは主に3つのパターンを覚えておくとグッドだ。

[挿入]

① 全体で副詞 ⇒ 主節の動詞にかける

② 前と「同格」

③ 主節 ⇒ 文の最初に出して訳す ※この場合「挿入部分」は「Sが言う・思う・示す」等の内容になることがほとんど


例① We must, if possible, have a dental checkup.
「できることなら、歯科検診を受けるべきだ」


例② Mr. Jones, our chemistry teacher, never gets angry.
「私たちの化学の先生であるジョーンズ先生は、怒ったことがありません」


例③ You should take, I think, cold medicine.

I think (that) you should take cold medicine.

「風邪薬を飲んどいたほうがいいと思うよ」


今回の挿入箇所はwhatever part of the world we come fromなので、①のパターンで処理しよう。whatever part of the world は「世界のどの地方の出身であっても」

ここまでで、「我々はみな、世界のどの地方の出身であっても...だと信じている」

続いて、


 we are all... persuaded that our own nation is superior to all others.


that節は名詞節でピリオドまで続いているね。be superior to は「~より優れている」「自分の国が他のすべての国よりすぐれている【ということ】」
①の文の訳「我々はみな、世界のどの地方の出身であっても、自分の国が他のすべての国よりすぐれていると信じている」


このthat節は名詞節なの?とちょっと疑問に思ってしまった人、こちらに参考記事があります!
www.makocho0828.net



[②の文]

文頭の~ingの処理はどーする?

● Seeing that each nation has its characteristic merits and demerits, we adjust... ⇒ 文頭の~ing2パターンしかないので、ある程度「公式」的に処理できるよ!

今回は Seeing... , we adjust...と、 Ving~, S+Vの形になっているので、このVing~は「分詞構文」の~ingってわかっちゃうんだよね。

分詞構文の~ingの意味はさまざまですが、とりあえず「~で・~と」と訳を置いておきましょう。

its characteristic merits and demeritsは「独特の美点や欠点」。adjustは「調整する」。ここまでで、訳:「それぞれの国に独特の美点や欠点があるのを見ると、我々は...を調節する」


もしこの「文頭のVing」のパターンをご存じない場合、絶対に役立つのでこちらを一読お願いします!
www.makocho0828.net


so as toの訳し方の工夫


● we adjust our standard of values so as to make out... ⇒ standard of valuesは「価値の基準」。make outは「理解する」で表現がなかなか難しいですね。

ここでは些細なテクニックですが、so as to Vの訳し方について解説しますね。

この表現は「Vするために(目的)」と訳すのですが、「① so as to ②」「②するために①」と訳すと「←」の方向に、つまり「右から左に」文を読まなければなりませんよね。

でもこのブログのテーマは「直読直解」。したがってなるべく「→」、「左から右に」読みたいものです。

したがってここは「①して(そして)②する」と前から訳すのが実戦向き。ここでは「我々は価値の基準を調整し、(そして)...を理解する」と訳していこう。

that節を処理する


● ...make out that the merits possessed by our nation are the really important ones, ⇒ make outはunderstandと同じ意味です。understandが他動詞で後ろに名詞が必要なので、make outも後ろに名詞が必要になるのは自明ですね。

何が言いたいのかというと、つまりこの箇所はV + that~という形になっていますね。Vの後ろにthatが来たらまずは「名詞節のthatを疑え」は解釈マスターの助けになります(笑)

したがってthat節以下はS+Vと文で構成されているはず。そう思いながら突っ込んでいくと、


... the merits possessed by our nation are the really important ones,

possessedはVじゃないぞ?areの説明がつきませんものね。ここは、possessedは「過去分詞」。


the merits ⇐[possessed by our nation] are the really important ones,


訳:「自国の美点は真に重要なものであり、」


不覚にも主語と動詞が分からなかったという方、こんな記事ありますって!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

whileはどんな意味?


● , while its demerits are comparatively trivial ⇒ 最後ですが文自体は簡単。ただwhileの訳出は注意だ。while「①~の間 ②~する一方で(対比)」と、他にもたくさんの意味がありますが、ここではどんな訳出がベストでしょうか?こんな時はここに注目です。


the merits ... are the really important ones, while its demerits are comparatively trivial.


whileを中心にして、the merits「美点」とits demerits「欠点」と対比表現になっていますね。したがってここは②の訳を当てるのがいいですね。

訳:「自国の美点は真に重要なものであり、(その一方で)その欠点はあまり言いたてる必要のないものだ(ということ)」

②の文訳: 「それぞれの国に独特の美点や欠点があるのを見ると、我々は価値の基準を調整し自国の美点は真に重要なものであり、その一方その欠点はあまり言いたてる必要のないものだ(ということ)を理解するのである」

ようし決まった!全体訳はこれだ。

全体訳「我々はみな、世界のどの地方の出身であっても、自分の国が他のすべての国よりすぐれていると信じている。それぞれの国に独特の美点や欠点があるのを見ると、我々は価値の基準を調整し自国の美点は真に重要なものであり、その一方その欠点はあまり言いたてる必要のないものだ(ということ)を理解するのである」


まとめ


いかがだったでしょうか?今回の解釈は以上になります。今回は文頭の~ingの処理など、役に立つポイントがてんこ盛りですので、しっかり自分のものにできるといいですね!

ではまた。
意味をつなげるだけじゃ英語は読めない。解決法はこちら

第23回英文解釈はこちらになります
www.makocho0828.net

こういった記事でたまに復習してみようぜ!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net