まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

第1文型(S+V)の解釈ポイントはここだ!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161004004626j:plain

● みなさんこんにちは、まこちょです。みなさんご機嫌いかがでしょうか。

前回、【主節】の主語Sと動詞Vを見つけるというテーマで学習いたしましたがここほんとーに重要なんですよ。

なんせこれが見つからないとまともに英文読めないんだもの。

今回はその続きと第1文型(S+V)文型の解釈上注意すべきポイントを一緒に学習しますぜ。

主節のS+Vが分かったからなんだってゆーの?


さて、前回の解説である生徒からこんな質問(文句?)をもらったんだよね。

A君:「先生よ〜、主節、シュセツってうるせえよ!しゅらしゅっしゅっしゅっかっつーの!大体、主節が分かったから何だっていうんだよコラ!(ここで私のめがねを取る)」

最近、君ちょっと性格変わってきてない?

もちろん主節がわかったら「いいことがある」に決まってるじゃない!ちょっとまとめてみよう。

【主節が分かったらこんなにいいことがある】
① その文のメインの文がわかる
② 主節の文を軸に訳が決まるので毎回訳が「ブレ」ない
③ 主節の前の箇所は「全て」副詞だ

そうこの③に注目!これってさらっと書きましたが軽く流せないくらい非常に重要。

ちょっと練習問題やってみよーか。


[練習問題] 
主節のS と Vを指摘し、下線部を和訳しなさい。
(1) If it is fine tomorrow, let's go swimming.
(2) Whoever calls me, I don't want to answer the phone.
(3) When he was young, he ran 100 meters in 12 seconds.


[解説]

(1) この文章の主節は前回によりあっさり特定できるかと思われます。

特定できなかった方、前回のおさらいがここにあるぜ!
www.makocho0828.net

今回のテーマはその先の話なんだよね。主節のS+VはLet's〜以下ですが、この主節の前にあるIf節はどう訳すかが問題。

実はif節には2種類あって「副詞節」と「名詞節」がある。それぞれ訳し方が違うが主節の前にあるものは「全て副詞」だから、その訳出に悩む必要がないわけ。

副詞節のifは「もし〜ならば」と訳しますのでそれを訳にあてるとok。下線部訳:「もし明日晴れたら」


(2) 主節のS+VはI don't want。したがってこの前にあるwhoever節は副詞節whoever節も名詞節、副詞節がある。

ここでは「〜は誰だろうと」と訳すことになる。下線部訳:「誰が連絡してこようとも」

(3) 主節はhe ran。この前にあるものは全て「副詞」です。したがって副詞節のwhen節は「〜する時」と訳すことになっています。
下線部訳: 「彼が若い時」

どう?主節の文が特定できることで、その周りにある文の訳も「自動的」に特定できちゃうでしょ?

この特性は英文解釈上とても有効な【ルール】になるんだよね。したがって【ルール⑩】としておこうね。

○【ルール⑩】:主節の文の前にあるもの ⇒ 必ず「副詞」

さて、今回は第1文型(S+V)のポイントについて学習したい。

第1文型の文を解釈するうえで重要ポイントは2つかな。

○【ルール⑪】:第1文型のbe 動詞 ⇒「ある・いる」と訳すのが基本

やっぱり練習問題だよね。


[練習問題]
次の文を和訳しなさい。
(1) The cat is under the table.
(2) The book was on your desk a while ago.
(3) The girl is on the bridge over there.


[解説]
非常に簡単ですよね。ここはいきなり解答でも大丈夫でしょう。
(1) 「その猫はテーブルの下にいる」
(2) 「その本はちょっと前、あなたの上にあった」
(3) 「その少女は向こうの橋の上にいる」

第1文型で特に注意すべきポイントは「場所や方向を表す副詞(句)」が文頭に来ると「倒置」することがある、という点。

この時S → Vの語順がV → Sのように逆になる。

○【ルール⑫】:第1文型 ⇒ 倒置することがある

もう一丁練習問題


[練習問題]次の文のSとVを指摘しなさい。
(1) Under the table is the cat.
(2) At the end of the street stood a tall stone gate.
(3) Here comes our bus.
(4) Out came the man from the room.

[解説]

(1) 「前置詞のついた名詞」は主語Sになることが出来ない。

したがって<   >の中に入れてしまいましょう。すると、is がV、the catがSと分かります。

(2) やはり同じようにこれまでの【ルール】を駆使して文を読んでいこう。

At the end of the streetを(At the end)<of the street>とカッコにくくると、

<At the end><of the street>stood a tall stone gate.

となりstoodの主語Sがa tall stone gate以外ありえないことが分かるかと思います。

【ルール】を思い出してください。必ずSはあります

(3) Hereは「副詞」ですので、やはりSになることができません。

これもSとVが「倒置」しています。comes = V、our bus = S。

(4) Outが「副詞」ですのでSになれず。したがって

<Out> came(V) the man(S)<from the room>.

と解釈できた方お見事!

どうでしょうか。「倒置」と聞くとなんかやたら難しく聞こえますが、実際はこれまでの【ルール】を使って、丁寧に読んでいけば、おのずとSとVはあぶり出せるのです。

最後に皆さんはThere 〜の文を知っていると思うけれど、この構文も「〜がある・〜がいる」という意味ばかり先行してしまって、〜の部分が構造上どうなっているのか曖昧な人が多いんですよね。

実はこの文もSとVが「倒置」したものであり、先頭のThereが「後ろのSとVが「倒置」しているよ〜と教えてくれているんですよ。

○【ルール⑬】:There V + S ⇒ Thereの文はSとVが「倒置」している

(例)There is a dog on the sofa.
is= V a dog = S   「ソファーの上に犬が一匹いる」

また、There V+SのVはbe動詞しか使えない、と思ってる人が多いがそんなことはないです。

一般動詞の「存在・出現・移動」を表すexist「存在する」、live「住む」、come「来る」、 arrive 「到着する」、happen「起こる」なども使うことが可能です。

(例) Once upon a time there lived a very happy prince.
「昔々とても幸せな王子様が住んでいました」

こちらでも倒置について詳しい記事があります!
www.makocho0828.net


では!