読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

S+V+C(第2文型)とS+V+O(第3文型)の違いをズバっと切り込んでみた

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20160929003353j:plain

2016 11/16 更新


● みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。まこちょです。


いきなり唐突で申し訳ないのですが、このブログ「堅いですよね」?


もっと僕が気の利いたアメリカン・ジョークでもかませれば、この地味な展開にぱっと花が咲かせられるかなぁとは思うのですが、いかんせん僕自身がそれほど華やかな感じではありませんので本当にもう「申し訳ない」の一言に尽きます。


でもね、この「英語バカヤロウ」が主張できることってやはり「英語」しかないわけで。


結構じみ〜にコツコツとやって来たわけですよこれが。


で、結構それなりに英語の知識が「溜まって」来て、じゃあケチらないで放出しろよ!な?ってな具合で大した知識量でもないくせに紹介し始めたのがこのブログなんです。


そういうわけで、このブログは卑屈なくらい英語のことについてストイックに語っていきます。応援よろしくお願いします。

さて、今回のテーマはSVC(第2文型)とSVO(第3文型)の違いについて。


この点はしっかり理解しておかないと適切な日本語訳が出てきませんので頑張ってみましょう!

OとCになれる品詞を知ろうぜ


まずC(補語)O(目的語)になれる「品詞」は知っておきましょう。


相変わらず「ルール」は前回からの続きになります。


○【ルール⑬】:C ⇒ 名詞 ・ 形容詞   / O ⇒ 名詞だけ

おっとここでA君が何か言いたそうです。


A君:「くっそこの野郎!!このポンチ野郎!!メガネ野郎!!えっらそうに【ルール】じゃねーんだよこのタコが!書き間違えてンのか、あ?『名詞』が両方入ってんじゃねーか!!てめーいいかげんにしねーとマジでかなぐり捨てんぞ?!」

荒れてますね。

この名詞はO?それともC?

そう、A君が言うとおり、CにもOにも「名詞」が入っているんですよね。


つまりこれは「S+V+名詞」の形になった場合、この名詞がOがCか判別不能ということでしょうか? 例えば、


(例①) I play tennis.
(例②) I am a teacher.


この二つの文のtennis、a teacherはそれぞれ「名詞」ですが、どちらがCでどちらがOか言えないということでしょうか?


もちろんそんなわけはありません。


この名詞が何であるか判別する方法は、主語(S)との関係で決まるのです。

○【ルール⑭】:S+V+ 名詞 ⇒ S =名詞 → C /  S ≠ 名詞 → O


先ほどの例文で確認してみると(例①)はI = tennisのわけがありませんので、tennisはOと分かります。


それに対して(例②)はI= a teacherであることは明らか。


したがってa teacherはC、という判断になります。


・・・とA君なんか用ですか?


A君:「だ・か・ら・何!?それで???OとかCとか分かったからなんだっていうのよおい!」


・・・なんか今日はイラついてますね。

OとCがわかると何が得するの?

もちろん、CとOの区別がついたからにはそれ相応の報酬が待っています。

練習問題で確認してみよう!


[練習問題?]
次の文がSVCかSVOか指摘し和訳しなさい
(1) He became a teacher.
(2) The dress became you.
(3) I tasted this cake.
(4) This cake tastes sweet.
(5) She grew vegetables.



★解説★

(1) この英文はS+V+名詞の形になっています。したがって【ルール⑭】によりSと名詞を比べてみましょう。すると、


He = a teacher


と言えます。したがってこの文はS+V+Cの第2文型ということになります。


S+V+C文型を取るbecomeは「〜になる」と訳しますので、今回の訳は「彼は先生に【なった】」となりますね。


(2) 一見、先ほどと同じ動詞becomeが使われていますから、先ほどと同じ文型か?と思うじゃないですか。


でも慌ててはいけません。今回の主語はThe dress、そして動詞の後ろの名詞はyouです。 


The dress = youと言えますか? そう、言えないんですよね。


「ドレス」=「あなた」のわけがありません。


したがってここはThe dress ≠ youですのでS+V+Oの第3文型となります。


さて、実は問題はここから。


(1)のbecomeを「〜になる」と訳したのは【SVC文型】だからです。


今回は【SVO文型】ですから当然【becomeの訳は変わりますよ】


そう、文型が分かるということは日本語の訳が正確に分かる!ということなのです。


○【ルール⑮】:文型がわかる ⇒ 動詞の「正確」な意味がわかる

SVO(第3文型)のbecomeは「〜に合う(似合う)」と訳します。訳は「このドレスはあなたに似合う」



(3) I ≠ this cakeであるのは明らか。というか=だったら大変です。


したがってSVO文型。この文型のtasteは「〜の味見をする」と訳すことになっています。「私はこのケーキの味見をした」



(4) 今度も動詞は同じtasteですが・・・。 sweetは形容詞ですので【ルール⑭】によりSVCの第2文型一択になりますね。


問題は訳ですよ。SVC文型のtasteは「〜の味がする」です。「このケーキは甘い味がする」


つまりtasteも文型の違いで意味が変わるということです。



(5) She ≠ vegetablesなのは誰が見ても明らかです。


したがってSVO文型。この文型のgrowは「育てる」ですよ。「彼女は野菜を育てた」

まとめ

さて、今回の講座はいかがでしたでしょうか?


今回の講座で教訓にしていただきたいのは、私達は「文法学者」になるつもりはないということです。


つまり平たく言えば、身につけた文法内容が実際に英文を読んだり話したりするのに役に立たなければ、それは全く「意味のない」ものになるのです。


文法に「踊らされてはいけません」。私達は英語で何かをするために「役に立つ」英文法を身につけていきましょう!


ではまた!


第2文型・第3文型はもらったな!と思った方はステップアップをしよう!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net


いや、SとかVとかきれいさっぱり忘れていたという方、こちらの記事で復習です!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net