読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

「put on」、「wear」、「have on」、「be dressed in」の違いと使い方は?

英語表現

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170120154919j:plain




●こんにちは、まこちょです。


日本人(というか文明人)ならばとても馴染み深い文化的行為に「着る」ってありますよね。

英単語ではwearput onなどがよく使われる単語ですが、実はこの単語も状況に応じて使い分けているんです。

しかも一概にwearといっても、その使い方は我々日本人では及びもつかないほど守備範囲が広いことはご存知でしょうか?

そこで本日はこの「着る」の表現について皆さんと学習したいかなと。

ぜひ、このwear、put on の微妙なニュアンスを理解していただければと思います。

① put on


この表現はまさに日本語の「着る」に相当します。具体的に言うと【これから】着る」という動作を表すんです。

簡単に言うと「着ていない状態」から「着る」ということ。そこには「変化」があることが分かりますよね。


例 He put on his overcoat and went out.
「彼はコートを着て出て行った」


今までは着ていなかったんだけど外に用事があるから、コートを着て出て行ったという動きがありますね。

② wear

f:id:makocho0828:20170120154945j:plain


wear習慣的に「着ている」つまり一般的な「着用」の事実を言う場合に使います。特に習慣的というところがポイントが高いですね。


例 He often wears an overcoat in winter.
「彼は冬オーバーコートを着ていることが多い」


この文章はオーバーコートを【習慣的に】着ているニュアンスがあります。

またwearはその意味の範囲が異常に広いことも特徴の一つです。「衣類を着ている」だけに用いられるわけではありません。

wearには「着ている」だけでなく「身につける」全般で使うことができるんです。例えば装飾品、帽子、めがね、ひげ、表情なども対象になりますよ。


例 He always wears a hat.
「彼はいつも帽子をかぶっている」


例 He wears a mustache.
「彼は口ひげを生やしている」


例 His wife wore a diamond ring.
「彼の妻はダイヤの指輪をしていた」


うーん随分用途が広いですよね。


またwearは過去形や進行形を使うことで、習慣的にではなく【一時的な】状態を表すこともできます。


例 She was wearing a yellow overcoat that night.
「彼女はその晩黄色いコートを着ていた」

③ have on


have on「着ている」という意味でwearと似ていますが、こちらは【一時的に】着ている」場合に使われます。


例 He had a cap on at the party.
「彼はパーティーでキャップをかぶっていた」

④ dress


この単語は誤解を生みやすい表現です。まずdressは「着る」という意味ではなく「着せる」という意味になります。よく(人・人形)に服を着せる」動作を表すのに使いますね。

例 She dressed a doll.
「彼女は人形に服を着せた」


また「着替える」という意味で使う場合は「自分自身に服を着せる」のですからdress oneselfと表現します。

例 He dressed himself in his room.
「彼は自分の部屋で着替えた」

このdressを使った有名な表現がありますが、be dressed in と表現することも覚えておきましょう。受動態の形で使うのです。


例 She was dressed in black.
「彼女は黒い服を着ていた」

では問題を解いて定着させてみましょう。

本日の問題


【問】(     )の中に適当な語句を入れなさい

(1)

A: Where is Mika?
「美加はどこ?」

B: She is in her room ( ) his jacket.
「彼は部屋でジャケットを着ています」

① putting on
② wearing


(2)
A: What is Bob ( )?
「ボブは何を着ていますか?」

B: He is( ) a green jacket.
「彼は緑色のジャケットを着ています」

① wearing
② putting on


(3)「かれはかつらをつけています」
He is (      ) a wig.

① wearing
② putting on






【解法】

(1)

A: Where is Mika?
「美加はどこ?」

B: She is in her room ( ) his jacket.
「彼女は部屋でジャケットを着ています」

① putting on
② wearing

この会話のやり取りから、「彼女は【今】ジャケットを【着ていない状態から】着ている」ことが分かりますよね。つまり一時的な状態ではなく、「動作」を表しています。したがって①が正解です。

(2)
A: What is Bob ( )?(ボブは何を着ていますか?)
B: He is( ) a green jacket.(彼は緑色のジャケットを着ています)

① wearing
② putting on


先ほどと似たようなシチュエーションですが今度は【今】行っている動作ではなく、【状態】を表していますね。したがってここは①のwearingが良いでしょう。

(3)「かれはかつらをつけています」
He is (      ) a wig.

① wearing
② putting on

wearの用途は広いです。「かつらをつける」という表現にも使えるなんてびっくりですね。その他にも「化粧をする」という時にも使えるんですよ!


例 I wear makeup everyday.
「私は毎日化粧をしている」

まとめ

f:id:makocho0828:20170120155041j:plain


さて今回はいかがだったでしょうか。一言で「着る」と言っても、英語では状況によって使い分けているのが分かるかと思います。ぜひこの「着る・着ている」の表現、マスターしてみましょう!


ではまた

合わせて読みたいこんな記事があります
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

やさしく英文法を学ぼう
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

英文法問題にチャレンジ
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

英文法の謎を追う!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

英文解釈にチャレンジ!
www.makocho0828.net