まこちょ英語ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

「否定の副詞」が文頭に来るとなぜ倒置するのか?徹底考察してみた!

よくある英文法の謎

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170227191520j:plain

● みなさんこんにちは、まこちょです。

 

英語には「否定の副詞」と呼ばれるものがあります。

 

そう、not、never、などが代表的ですね。

 

こういったものが「文頭」にくると「倒置」といって、後ろの文の語順が変わるという、ちょっと厄介な現象がおこるんです。

 

具体的に言うと後ろの文が【疑問文と同じ語順】になるんですね。例えば

 

 

例  I have never read a book.

Never have I read a book.

 

のように語順が変わるんです。この点は苦手な受験生も多く、これに関する入試問題もたくさん出題されます。

 

ところで、なぜ否定の副詞が文頭に来ると倒置するのでしょうか?

 

この疑問は、正直言って、英語学習者ならば一度は考えるのではないでしょうか。

 

ところがこの疑問は実はあっさり解決できるんです! 

 

それは否定の副詞がもつ【ある性質】にあった!

 

と言うわけで今回はこの疑問にバッチリ答えます。

 

是非、今後の英語学習に役立てていただければ幸いです。

 

副詞は自由度が高い⁈

 

 英語学習において【品詞】を知るのは非常に重要です。

 

それは、英語は品詞のルールを実によく守って文が構成されるからなのですが、

 

その中で「副詞」は比較的【自由度が高い】といわれています。

 

悪くいうと「曖昧」といってもいいかも。

 

その気になったら文のどこにでも置けますからね。例えば「副詞句」のfor exampleなんて、次の3ヶ所に置けますよ。

 

For example, I am a student.

② I, for example, am a student.

③ I am a student, for example.

 

と、このように副詞は自由度が高いものですから、あんまり人によって置く位置が異なると、英文が読みづらくなるので、ある程度は種類によって配置を【制限】するのが普通です。

 

 例えば「動詞」を修飾する場合は【動詞の近く】に置くとかがそうですね。

 

例 I often play baseball.

「よく野球をする」

 

これをいくら自由度が高いと言ったって、

 

I play baseball often.

 

とはしませんよね。ルールに守られているんです。

 

not、neverが修飾しているのは何?

 

not、never等の否定の副詞も動詞を修飾します。

 

したがって否定の副詞も動詞を修飾する場合はなるべく【動詞の近くに置く】必要があります。

 

I don't know... I was not ...のように各動詞の近くに置いてありますよね。

 

ところが文頭に否定の副詞が移動してしまうと、結果的に動詞と離れることになりますから、このルールに反することになりますよね。

 

したがって疑問文の形を取ることによってbe動詞、一般動詞(do / does / did)、助動詞(canなど)などが否定の副詞の近くになるべく位置するように配慮されたのです。

 

Only はどうか

f:id:makocho0828:20170225153612j:plain

 

Onlyも否定の副詞として認識されます。「~だけ」で否定じゃないじゃないか!と思うかもしれません。ですが、

 

例  I only study English.

「私は英語だけ勉強する」

 

は裏を返せば「私は英語しか勉強しない」と同じです。

 

つまりonlyは「否定」に訳せるんですね。

 

したがってこの文もOnlyが「文頭」に出ると

 

Only do I study English.

 

と後ろの文が「倒置」することになります。それはonlyの後ろに副詞(句・節)が続いても同様です。

 

例 Only recently, did I receive the letter.

「最近になってやっとその手紙を受け取った」

 

例 Only after she died did I realize how much I loved her.

「彼女に死なれて初めて、どんなに彼女を愛していたのかわかった」

 

これらはすべて主節の文全体(正確に言うと主節の文の【動詞】)を否定する場合に起こる現象なのです。

 

ですから、動詞を否定したものでなければ倒置は起こらないことも押さえておきましょう。

 

例① In no clothes does she look cool.

「どんな服を着ても彼女はかっこよくない」

 

この例①ではlookを否定しているので文頭に否定の副詞句が移動したとき「倒置」しています。ところが

 

例② In no clothes, she looks cool.

「服を着ないと(裸だと)彼女はかっこいい」

 

この文ではlookを否定していないので、おなじIn no clothesでも後ろの文は倒置していないのです。

 

まとめ

f:id:makocho0828:20170227191738j:plain

 

さて今回はいかがだったでしょうか。否定の副詞が文頭に出た時、それが主節の動詞を否定しているときにはまるで「動詞」の近くにいたいのだと言わんばかりに倒置するということは覚えておいてよいかと思います!

 

ではまた

 

合わせて読みたいこんな記事があります

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

 

www.makocho0828.net

 

やさしく語る英文法はこちら

 

www.makocho0828.net

 

英作文に挑戦

 

www.makocho0828.net

 

表現に強くなる!

 

www.makocho0828.net

 英文解釈に挑戦

 

www.makocho0828.net

 

www.makocho0828.net

 

 

読解問題はこちら

 

www.makocho0828.net

英文法問題に挑戦