まこちょ英語ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

"not A or B"構文の解釈は万全か?否定の範囲に気をつけよう!【第68回英文解釈】

直読直解英文解釈

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170318192338j:plain


● こんにちは、まこちょです。


本日は否定のnotの守備範囲を考えてみたいと思います。この点は解釈上重要ポイントになりますので、ぜひじっくりと取り組んでみてください。


また等位接続詞が複雑に絡み合った文を丁寧に解きほぐしてみましょう。


本日の問題


【問67】

① Man's greatest invention was not in the use of mechanics, or steam, or electricity, or in taming the forces of the atom. ② Far more important was his finding out that the noises he makes in his throat when he wishes to express some emotion could be developed into a system which he could use to communicate complex ideas to his fellows.



本日は2文構成。ぜひ最後まで丁寧に読んで見てくださいね。



【解説】

[①の文]

Man's greatest invention was not in the use of mechanics, or steam, or electricity, or in taming the forces of the atom.

orの繋いでいるものは?


● Man's greatest invention was not... ⇒ 文型的には全く問題のない文かと。wasを中心に文を作っていますね。問題はwas not以下です。inventionは「発明」

訳「人類の偉大な発明は...」


...was not in the use of mechanics, or steam, or electricity, or in taming the forces of the atom.



等位接続詞のorが並んでいますね。一見読みにくいように見えますが、解釈方法はこれまでの「等位接続詞」の処理方法と変わりません。



in the use of mechanics, or steam, or electricity,


最初と2番目のorはmechanics「機械技術」、steam「蒸気」、electricity「電気」を繋げています。A、B、Cを等位接続詞でつなげるパターンは、


A, and B, and C


と表現する場合と


A, B, and C


と表現する場合の2パターンがあることに注意しましょう。今回は前半のパターンですが、現代英語は後半のパターンで表現することが圧倒的です。


そして次のor以下は


in the use of mechanics,... or in taming the forces of the atom.


in the usein tamingが同じ「前置詞+名詞(動名詞)」でつながっていることが分かりますね。まとめると



Man's greatest invention was not


in the use of mechanics, or steam, or electricity,

or

in taming the forces of the atom.


と読めた方、バッチリです!tame「~を手なずける」、atom「原子」

訳「人間の最大の発明は、機械技術や蒸気や電気を使用することと原子の力を使いこなすこと...」


等位接続詞について詳しく知りたい!方はこちらの記事がおすすめ
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

notの否定する範囲はどこまで?


このnotの否定する範囲は注意しましょう。not A or Bのnotが否定するのはAだけではありません。AとB両方を否定するんですね。したがって訳は「AもBも~ない」です。


例 Of course, he's rich, but, you know, I don't like his face or character.
「カレ、金持ちなんだけど、顔もキャラも、なんか好きになれないのよね」


訳「人間の最大の発明は、機械技術や蒸気や電気を使用することにあるのでもなければ、原子の力を使いこなすことにあるのでもない


[②の文]

Far more important was his finding out that the noises he makes in his throat when he wishes to express some emotion could be developed into a system which he could use to communicate complex ideas to his fellows.

倒置構文を見切ろう!


● Far more important was... ⇒ importantは形容詞ですので主語(S)になれません。wasの前に「名詞」がありませんから、この時点で「倒置」しているのでは?と疑えることが重要ですね。そして動詞の前に主語(S)がない場合は動詞の後ろにあるというルールも同時に思い出しましょう。


Far more important was(V) his finding out(S)...


と捉えられている方は読めている証拠。

訳「それよりはるかに重要だったのは、...を人類が発見したことだった」

that節の種類は?


続いて



... that the noises he makes in his throat when he wishes to express some emotion...



このthatがいわゆる「あの」の代名詞でないことは、後ろの名詞にtheがついていることから明らかです。そう、このthatは節を作るthat。


節ですから後ろはS+Vと文が来ることになりますので、そのつもりで読んでみると、最初に出てきた前置詞のついていない名詞を(S)と置き



... the noises(S) he makes in his throat...


the noisesの動詞(V)が出てくるかと思ったらhe makes in his throatと新たな文が出てきてしまいます。ですがmakesが他動詞にもかかわらず後ろに名詞がないことに着目し、


... the noises(S) ⇐ [he makes Oがない in his throat]...


the noisesとheの間に「目的格の関係代名詞」が省略されていることに気づき、後ろのwhen節をまとめて


the noises(S) ⇐ [he makes in his throat (when he wishes to express some emotion)] could be developed(V)


とcould be developedと動詞を発見することができた人はお見事です!throat「のど」、make noises「音を発する」express some emotion「なんらかの感情を表現する」

訳「それよりはるかに重要だったのは、なんらかの感情を表現したいときにのどで発する音を発達することができるということを人類が発見したことだった」

関係代名詞の省略に気づかなかった人!こちらの記事へどうぞ
www.makocho0828.net


後半は


... could be developed into a system which he could use to communicate complex ideas to his fellows


a systemは「体系」。どんな体系なのかをうしろから関係代名詞which以下で「説明」してくれそうです。


to communicate「伝達するために」、complex ideas「複雑な観念」、fellow「仲間(ここでは他の人間)」 A developed into B「Aを発展させてBにする」


訳「それよりはるかに重要だったのは、なんらかの感情を表現したいときにのどで発する音を発達させ、複雑な観念をほかの人間に伝えるために使える1つの体系にできるということを人類が発見したことだった」


さて決まりました。本日の全体訳はこれで決まり。


全体訳「人間の最大の発明は、機械技術や蒸気や電気を使用することにあるのでもなければ、原子の力を使いこなすことにあるのでもない。それよりはるかに重要だったのは、なんらかの感情を表現したいときにのどで発する音を発達させ、複雑な観念をほかの人間に伝えるために使える1つの体系にできるということを人類が発見したことだった」

まとめ

f:id:makocho0828:20170318192517j:plain


さて今回はいかがだったでしょうか。今回のポイントは

① notの否定の範囲
② 倒置
③ 関係代名詞の省略


でした。とくにnotの否定範囲を間違えると、それだけで解釈が180度変わってしまう怖いポイントだと思いますね!


ではまた


合わせて読みたいこんな記事があります
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net