まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

it is 形容詞 that S V とit is 形容詞 for to Vの違いとは?使い分けを徹底解説!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170609172533j:plain

この記事を読むと
it is 形容詞 that S V とit is 形容詞 for to Vの違いが分かります。



● こんにちは、まこちょです。


みなさんはit is 形容詞...の文を見たことがあるかと思いますし、このブログでも何度か話題にさせていただきました。




この場合、it仮主語(形式主語)で、真主語to V / that S+V などで、文の後ろに置くこともお分かりかと思います。


参考までにこちらの記事をどうぞ
www.makocho0828.net



ところで先日、生徒からこんな質問があったんですよね。その内容は、



「先生、仮主語の文はit is 形容詞 that S V とit is 形容詞 for to V、どちらの形で書いた方がいいんですか?」



というもの。



なるほど、確かにこの2つの仮主語構文はよく書き換え問題でも問われるように、どちらの形でも表現することが可能です。例えば「英語を学ぶのは大切だ」の文ですが、




例① It is important that you learn English.




例② It is important for you to learn English.




という風に、真主語をthat節で表現する場合とto不定詞で表現する場合の2通りの書き方が可能です。




ところで、今回の生徒の質問通り、この二つの表現には「違い」がないのでしょうか。今回はこの辺をテーマにしたいと思います。



実はしっかりと英作表現などで差が出てしまうこのポイント、しっかりと理解していただけたらと思います。

that S+Vは「現実的」


実は真主語の表現は、形によってニュアンスが異なるんです。




真主語にthat S+Vを使って表現した場合は「現実的」「確定的」「普遍的な事実」を指すときに使われます。


例 


It is important that an advertisement attract a person's attention.
広告が人の注目を引くことは重要だ」





したがってこの赤い部分は「現実的な見解」であり「事実」、すでに広告が人の注目を引くことは【当然】と考えられるのでthat節がふさわしいと考えられるわけです。

toVは「これからやること」「仮定的」



ところがこれが




It is important to minimize losses for processing.
加工のロスを最小限に抑えることは重要だ」



と上記の青い箇所のようにto不定詞で表現すると、これは「これからやること」を指しますので、この文章は、



「【これから】加工のロスを最小限に抑えることは重要だ」



といったニュアンスになることに注意しましょう。to VのV「これからVする」というニュアンスになることは以前、別の記事でも触れさせていただきました。


to不定詞のニュアンスについてはこちらの記事をどうぞ
www.makocho0828.net

おまけ

最後はちょっとした些細なことなのですが、It is 形容詞...の仮主語構文の「形容詞」の部分は「名詞」ではだめなのか?という質問も多いです。



これはよく言われるのですが、It is 名詞...と表現すると、ネイティブはこのIt「仮主語のIt」と判断しないで、「代名詞のit」と判断するのだそうです。




したがって形容詞を使うのは、It is 形容詞の時にItを「仮主語」と判断させるために名詞ではなく形容詞を使うということも表現として覚えておくと良いでしょう。

まとめ

f:id:makocho0828:20170609172612j:plain


さて今回はいかがだったでしょうか。It is 形容詞の構文を、単純に for A to V = that S+V~の書き換えでしかとらえてないと、ニュアンスの違いについてなかなか気づかないことが多いかと思います。



今回はそういった意味でいいテーマになりました。ぜひ英作文でご利用ください。



ではまた