まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

don't need to とneed notの違いとは?2種類のneedの使い分けのコツ教えます!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170612203940j:plain


この記事を読むと
needには2種類あることが分かります。


● こんにちは、まこちょです。



みなさんはneedという単語をご存知でしょうか?この単語、実は英語学習者にとっては少々やっかいな単語。



なぜかというと、この単語全く同じ形をしていながら種類が2つあるんです。


こういうパターンは英語には多いんですよね。これで英語が嫌いになってしまう生徒もいるくらいなんです。例えばused tobe used to などはその典型ですね。


参考までに
www.makocho0828.net



そこで今回はこの2種類のneedの効果的な見分け方を徹底解説。



ぜひその違いをマスターして、意地悪な入試問題などに引っかからないようにしましょう!

needは助動詞と一般動詞の2種類


まず押さえるべきところはneed「助動詞」「一般動詞」の2種類があるというところです。まずは助動詞needから押さえるといいでしょう。



こういうときは何か他の助動詞に置き換えて考えるとスムーズに頭の中に定着します。ここでは助動詞の代表格canさん(?)に登場してもらいましょう。もちろん助動詞のneedcanの使い方と全く一緒になるはずです。


助動詞のneed
① notの位置と後ろに何がくるか注目せよ



canの否定の形はcan not。つまり助動詞のneedも全く同じになるはずなので、


can not


need not


となります。そして後ろは「動詞の原形」が来るはずですから、


can not動詞の原形


need not 動詞の原形



となり間違っても後ろにtoなど来るわけないと強く意識しておくとGoodです。



また助動詞のneedは当たり前ですがneedsneedingなんていう形にはなりません。canscannningという形がないですよね。

一般動詞のneed


では一般動詞のneedはどんな形をするのでしょう。このときやはり同じ形をとる「先輩(?)」に登場してもらうのが一番です。



一般動詞のneedwantと全く同じ形を取ることで有名。そう、ここで最大ポイントになるのは、wantにはto不定詞を後ろにつけた形があるということなんです。want to Vはもはやお馴染みの表現かと。


つまり、一般動詞のneedneed to V の形があるということになります。


一般動詞のneed
① wantと同じ形になる
② need to Vの形がある

一般動詞の否定形は?


一般動詞のneedの否定形はどんな形になるのか?ここが助動詞のneedと最大の違いといっていいでしょう。もちろんこういう時もいちいちwant toを頭の中に描いてください。want to Vの否定の形はdon't(doesn't) want to V、つまりneed toの否定形も



don't(doesn't) need to V



ということになります。



ここで助動詞のneedと一般動詞のneedを並べてみましょう。ここで違いを意識することが重要です。



need not 動詞の原形


don't need to 動詞の原形



とくにこのnotの位置がよく問われるので注意してくださいね!

最後にサンプル問題です


このような違いがどのように入試問題に反映されるか最後に確認してみましょう。こういった問題がどのくらい意地悪な問題化よくわかりますよ。




【問】次の中から適切な語句を選びなさい


We ( ) call him “Sir”

① don’t need
② not need
③ need not to
④ needn’t



もちろんこの2種類のneedの特徴を混ぜたダミー選択肢が脇を固める形になります。正解できますか?答えは④になります。