まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

It seems that SV のitは「仮主語」のit !英文を和訳してみよう【和訳道場①】

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170630173034j:plain


この記事を読むと
it seems thatSVの和訳の仕方が分かります。



● みなさんこんにちは、まこちょです。



受験生と話をしていると、「和訳問題」が苦手だと良く聞きます。



確かに「英語」を「日本語」に置き換える作業というのは思った以上に大変なもの。「単語」やら「構文」やら、なかなかクリアしなければならない課題が多いんです。



また、「和訳問題」はそういった文法・構文がふんだんに使われた箇所が狙われることになるので、学習の進捗によって差がつく箇所と言ってもいい。




そんなわけで当ブログでもこの「和訳」について何らかの対策を立てなくてはならないと思いました。




名付けて「英文和訳道場」



このカテゴリでは、毎回テーマを決めて華麗に「和訳」ができるようにすることを目標にしてみようかなと思います。受験生でしたら和訳が課せられる私立大入試か、国公立2次試験の英語対策用にご利用ください。


今回のテーマはit seems that SVの文になります。

練習課題


【問】次の文を和訳しなさい
It seems to me that one of the interesting differences between America and Japan is that family life is much more connected to social life in America than in Japan.


【参考表現】

family life 「家庭生活」
be connected to... 「...と結びついている」
social life「社会生活」




和訳問題ではいくつか注意すべきポイントがあるんです。それを順番にご紹介しますね。


和訳問題は「文全体」かそれとも「文の一部」かをしっかり見極めよう


和訳問題は長文の中に下線部を引かれて「和訳せよ」と聞かれるのがほとんどなのですが、この時それが「文全体」なのか「文の一部」なのかをしっかり見ておくと良いでしょう。



例 

Europeans who ventured beyond the Himalayas returned to tell the tale.



この下線部はreturned主語(主部)の部分に下線部が引いてありますので、



×「ヨーロッパ人は危険を冒してヒマラヤ山脈を越えていった」



とあたかも全文訳のように訳してしまうのは誤りです。



◎「危険を冒してヒマラヤ山脈を越えていったヨーロッパ人」

まずは主節の(S)と動詞(V)をしっかりと確定させる

今回の問題は文全体の和訳問題になりますので、主節の主語(S)と動詞(V)はどこなのか、つまり【骨格】はどこなのかをまずしっかりと押さえることが重要になります。



主節のSVは「接続詞・関係詞が前についてない」SVと特徴があります。



主節のSVとはいったい何?と思ってしまった人はこちらの記事をどうぞ
www.makocho0828.net




今回の文はもちろんIt seemsの箇所が主節のSV。ここを「軸」に和訳を作ることになります。

It seems that SVのitは「形式主語(仮主語)」


It seems that SVit「仮主語のit」したがって「【それが】SがVであるようだ」と訳出してはいけません。「仮主語」it「それ」と訳語をあててしまうのは減点ポイントです。



It seems to 人 that SVは「人にはSがVだと思われる」と表現として覚えてしまうとバッチリです。ここでは



「私にはSがVであるように思える」



が訳の「軸」になります。この箇所は絶対ぶれないようにするのが和訳のコツです




仮(形式)主語のitってなに?と思った方はこちらへどうぞ
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

真主語はthat節以下


it仮主語ですから当然「真主語」があるはずです。ここではthat節以下「真主語」ですね。



真主語になれる形はいろいろありますので押さえておくと良いでしょう。


参考までに
www.makocho0828.net



It seems to me [that one of the interesting differences between America and Japan is that family life is much more connected to social life in America than in Japan.]


接続詞の後ろはSVの文が来る


接続詞thatの後ろは文(SV)が来ます。したがって今回もthat節以下の(S)と(V)を特定しなければなりません。


接続詞についての詳しい考察はこちらになります
www.makocho0828.net


今回は


It seems to me that one(S) of ~ is(V) that...



となっていることが分かると思います。



後は表現に気をつければ完成になります。

one of~ 「~の1つ」
interesting differences「興味深い違い」
much more ⇒ muchは比較級の強調表現。ここでは「密接に」


解答

「日米の興味深い違いの1つは、アメリカの方が日本より家庭生活が社会生活と密接に結びついていることであるように思われる」

まとめ

f:id:makocho0828:20170630173141j:plain


和訳のなかでも「仮主語(形式主語)」構文は頻出する割合が非常に多いジャンルです。ぜひ和訳の仕方を身につけてくださいね!



ではまた