まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

to 人 と for 人の違いとは?意外に簡単なこの2つの使い分けを徹底解説するよ!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170705152636j:plain


この記事を読むと
toとforの違いが分かります。



● こんにちは、まこちょです。



英語の表現に「人にとって」という表現があるのですが、これがなかなか生徒たちを迷わす表現なようです。



よく質問に上がる「人にとって」は例えば以下のような内容が多いです。



「先生、『人にとって』は【for人】と表現するのか、それとも【to人】と表現するのかどっちですか?」



というもの。



なるほど、確かにこれは英作文等の表現でよくでる質問なんですね。




このto人for人はどちらも意味上では「人に(とって)」と訳せます。例えば




例 

He was kind to me.
「彼は私に親切だった」



例 
This book is difficult for him.
「この本は彼にとって難しい」




なんて例文はよく見ます。



この2つはどのように使い分けているのでしょう?fortoの使い分けは特に難しいですよね。しかもこれ、学校ではほとんど説明されませんので、いきおいフラストレーションがたまる箇所でもあります。




この違いは前置詞toforのニュアンスの違いをしっかりと理解しなければいけません。



そういうわけで今回はこの前置詞のtoforの違いに焦点を絞って解説したいと思います。



意外に簡単だったりしますので、ぜひみなさんの英語学習にお役立てください。

to人は「人に直接的に」、for人は「人に間接的に」



例えば次の例文は何が違うのでしょうか。




例① This is important to me.



例② This is important for me.




両方の例文ともThis is important「これは大切だ」までは同じです。




important to meの場合、「私にとって【もろ】重要」とmeに直接ふりかかってくるニュアンスがあります。つまりダイレクト、言い換えると、me「最終到達地点」なわけです。



多少おおげさに表現するなら、「私に対して【何が何でも】重要」ということです。




ところがこれがimportant for meになると、for「間接的」なニュアンスになるんです。




つまり「私の【目標】のためには重要」と若干トーンダウン。「私には直接重要ではないのですが【私の目標】のためには重要だというニュアンスになります。



そこで先ほどの例文をもう一度見てみましょう。



例 

He was kind to me.
「彼は私に親切だった」



これは「私に対して【直接】親切だった」のです。




例 
This book is difficult for him.
「この本は彼にとって難しい」




これは「彼には難しくないのですが、彼の【目標・目的】にとっては難しい」のです。



この違いが分かるでしょうか。



つまりまとめると



● 【動作・行動】 to 人(場所・物)
⇒ 人(場所・物)に【直接】動作、行動が及ぶ。


● 【動作・行動】for人(場所・物)
⇒ 人(場所・物)の目的・利益のために【間接】的に行動、動作が及ぶ。



ということになります。

to A とfor A を図で考えてみよう


なぜtoforではこれほど違うのでしょうか。ちょっと図で考えてみましょう。


f:id:makocho0828:20170705154429j:plain


矢印の長さがポイントです。


こうしてみるとto A は間違いなく最終目的地 Aに「到達」します。ところがfor AはAの「方」には進みますがAに「到達」するとは限りません。あくまでもAの方向に向かっているだけなのです。



例えばこの違いを如実に表している表現があります。



例 

He went to Kyoto.
「彼は京都に行った」




この場合、toを使っていますので「京都に必ずつく」というニュアンスが発生しています。ところが、



例 

He left for Kyoto.
彼は京都に向けて出発した」



これは?



確かに彼は京都に向けて出発しました。ですがそれは「出発した」だけで、必ず京都に着くというわけではありません。あくまでも「京都の方に行った」なのです。

電車の表示がFor 水戸の理由は?


そうすると例えば「水戸行きの電車」に乗るとなぜTo水戸」ではなくFor水戸」と表示されるのか、その理由も分かると思います。



この前置詞の使い分けによって、この電車は「水戸の方向に進みますが到着するとは限りませんと私たちへ暗にメッセージとして送っているのです。



確かに途中で脱線したり、何らかの事故・災難があるかもしれないので「必ず」水戸に到着するとは言い切れないですものね。なんか怖いな(笑)

giveの時にはtoを使うがbuyの時にはforを使う理由


このtoとforの性質の違いは第4文型SVOOからSVOの第3文型に書き換える時にも影響を及ぼします。例えば



I teach children English.
「私たちは子供たちに英語を教える」



という表現がありますが、それを第3文型SVOに書き換えると



I teach English to children



となります。この時toを使う理由は、「英語を教える」のは子供たちに【直接】教えるのでtoを使っているんです。



子供たちが目の前にいないと英語を教えることが成り立ちません。



ところが次の文はどうでしょう。



I bought him a present.
「私は彼にプレゼントを買った」



この文をSVOの第3文型に書き換えると




I bought a present for him.




toではなくforなんですよね。



それは「私がプレゼントを買う」のに「彼」は直接影響を与えないからです。



極端な話、「彼」が目の前にいなくてもプレゼントは買えますからforを使っているんですね。



第4文型についてはこちらの記事をどうぞ
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

まとめ

f:id:makocho0828:20170705152813j:plain


さて今回はいかがだったでしょうか。このfortoの使い方ですが、なかなか難しいです。ですがこういったニュアンスが分かるようになると英語の理解がワンランク上がると思いますので、ぜひ会得してみてくださいね!



ではまた



絶対読んでおきたい関連記事