まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

rain、rainy、rainingの違いとは?「雨が降る」を英語で表現してみよう!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170806211310j:plain


この記事を読むと
rain、rainy、rainingの違いが分かるようになります。


● こんにちは、まこちょです。



先日中学生からの質問でこんなことを聞かれました。




「先生、『雨が降る』の表現ですがIt is rain today.で合ってますよね?」



というもの。




うん、これはですね、英語の得意な方は理解されているかと思うんですが、決して笑えないですよ




実はこの「雨が降る」という表現は、大学入試の勉強をしている受験生でも間違えることのある、勘違いしやすい箇所なんです。




「雨」を表す表現はrainの他にrainyがありますが、この品詞を正確に使える人は思った以上に少なかったりします。



そんなわけで、今回は「雨が降る」の正確な表現方法とrain rainy raining の使い分けを徹底解説!



ぜひ「今さら」と馬鹿にせずにしっかりと身につけてみてくださいね。

rainには名詞と動詞がある

まず絶対に押さえておかなくてはならないのは、rainには名詞動詞の2種類の品詞があるということ。形的には全く同じですので、この点で英語学習者のカン違いが良く起こってしまうんです。



例えば次の文の違いは一体なんでしょう?



例① It is rain.



例② It rains.




例①のrainはisの後ろで使われていますから「名詞」rain、例②のrainは主語Itの後ろで使われていますから「動詞」rainです。



通常「雨が降る」の表現のときは、rainは動詞で使うことになっています



つまり例②の表現が「雨が降る」の表現として正しいということになりますが、じゃあ例①はいったいどのような意味になるのでしょうか。




じつはrain「名詞」で使った場合、「雨が降る」という表現にはならず、



It is rain. それは雨だ」




という意味になってしまうのでした!つまりIt代名詞として認識されてしまうのです。「雨が降る」「それは雨だ」は全然違いますね。

We have rainのrainは名詞

ところで、なぜこのようなカン違いが起こってしまうのかというと、It rains「雨が降る」にはWeを主語にした書き換え表現があるからなんです。



It rains.


= We have rain.



このWe have...で「雨が降る」と表現すると、動詞はhaveですからrainが動詞の訳ありません。そうWe have rainrain「名詞」なのだ。



まったくもって紛らわしい!



ちなみに「雨がたくさん降る」の表現の場合、It rains.は動詞のrainを修飾することになるので、




It rains a lot.




と動詞の後ろに副詞扱いのa lotを置くことになりますが、これがwe have rainの形の場合、たくさんの雨が降る」と考え、名詞のraina lot of「前」からかかることになります。



We have a lot of rain.



rainingは「今まさに」雨が降っている」


rainingはもちろんbe rainingという表現で使うことになります。つまり「現在進行形」という形になるわけですね。It rains.が「雨が降る」という単に事実を表しているにすぎないのに対して、進行形表現rainingを使うと、



It is raining.
(今まさに)雨が降っている」



という表現になるわけです。

rainyは「雨が降ったりやんだりしている」


先ほどのrainingとrainyの違いはrainingは「(今この瞬間)振っている」というライブ感満載なのに対して、rainy「雨は降っている」のですが「降ったり止んだり」という、俗にいう「雨模様」を表すときに使います。


窓の外を見たら雨がザ~っと振っていれば、


It's raining.
「雨だよ~」



外を見たら雨は降っていないのだが、道がびっしょり濡れているとき、


It's rainy.
「雨模様だな」


雨の種類に応じて使い分ける


最後に「雨」にもどしゃぶりの時もあれば、しとしと降りのときがありますよね?この雨の種類によって英語は表現を使い分けることができます。参考にしてみてくださいね!


It’s pouring. 「土砂降り」

It’s raining hard. 「激しい雨」

It’s raining heavily. 「激しい雨」

It’s raining lightly. 「小雨」

It’s drizzling.「パラパラ雨」

It’s misting.「霧雨」

まとめ

f:id:makocho0828:20170806211411j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。「雨が降る」の表現は中学生で学習するのですが、なかなかどうして英語表現で間違える箇所でしたので、今回取り上げてみました。



ぜひ再度思い出し学習してくれると幸いです。




ではまた