まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

not A or B と not A and Bの違いとは?5分でわかる正確な訳し方を教えます!【やさしく語る英文法】

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170819021009j:plain


この記事を読むと
「AもBもない」の正確な訳し方が分かります。



● こんにちは、まこちょです。



今回のテーマは、英語学習をしている皆さんならば一度くらいは「?」と思ったことがある箇所なのではないでしょうか。




そう、それが「AもBもない」の英語表現です。いや~これ、知らなかったら1回は誰でも間違えるでしょ?



もちろん、生徒の質問もシャレにならないくらい多く、大体がこういった内容に集約されます。




「先生、『AもBもない』の表現はnot A and Bではなくnot A or Bになるのはなぜでしょうか?」




というもの。



いやぁ~、そりゃそうだよ!普通はnot A and Bだよなぁ~!!って本気で思います。こんなの普通だったら分かるわけないんですよ!いや、あっぱれ!この点に気づいてくれた生徒に感謝でいっぱいです!




A and B「AとB(両方)」という意味なのに、not A and Bは「AもBも~ない」という意味ならない...、「AもBも~ない」の表現はnot A【or】Bとなるのです。




分かるかんなもん!!!!




当然です。誰が見てもnot A and Bですもの。なぜこれが「AもBも~ない」にならないんでしょうか?




そういうわけで今回は「AもBも~ない」の表現を徹底攻略。



単なる暗記ではなくしっかりと理解すればもう二度と忘れることはないでしょう。ぜひ会得してください、この表現で今まで数々の受験生が闇に葬られていきました(ちょっと大げさ)


ぜひこの屍の山に終止符を...(かなり大げさ)

A and B の前には何かが省略されている???



まずはA and Bに関する英文を見てもらいましょう。



例① I like meat and fish.

「私は肉も魚も好きです」




うん、問題ないですよね。おそらく大抵の人はこのように表現するのではないでしょうか。ではこれを「私は肉も魚も好きじゃありません」と表現してみましょう。普通はこうやるよね。




例② I don't like meat and fish.




ところがこれはアウト。これでは「私は肉も魚も好きじゃありません」の意味になってくれません。



じゃあどうやって表現するんだ!といきり立つ前に知らなければいけないことがあります。それはこの例文②はどういう意味になるのかということ。




これを知れば「AもBも~ない」の表現に、not A and Bを使ってはいけないということがリ理詰めで理解できるんです!



あわててはいけません。手順を追いましょう。必ずあなたの英語力に貢献しますよ。



まさかA and Bの前には「あれ」が省略されていようとは....!!!!

not A and Bは「部分否定」


いきなり確信にいきます。このA and Bの表現、実は正確に書くとこういったニュアンスがあるんです。それはboth。つまり




both A and B
「AとBの両方




といったニュアンスがあるんです。



ところでこの表現にnotをつけると当然こうなりますよね。




not both A and B




思わずあ!と思った人もいるんじゃないでしょうか。




そう、bothnotと一緒に使うと部分否定という表現になるんです。次の例を見てください。




例 I do not like both dogs and cats.
「私は、犬と猫の両方とも好きという訳ではない」




この例でも分かる通り、not both A and BはAとBの両方を否定しません。「AとBの両方とも~というわけではない」という意味です。「犬と猫の両方とも好きという訳ではない」ということはつまり「犬は好きだが猫は嫌い」という意味なのだ(もしくは逆もしかり)。AとBを両方否定できないのです。

A or B はつまり either A or B



ではA or Bはどうなのでしょう?これも実はある言葉が前に隠れているんです。それはeither




either A or B
「AかBかどちらか



I am good at either swimming or dancing.
「私は泳ぎか踊りかのどちらかがうまい」




この表現にnotをつけると




not either A or B
「AもBもどちらも~ない




そう、either A or Bnotをつけると全否定。つまりAとBどちらも否定するのだった!



I am not good at either swimming or dancing.
「私は泳ぎも踊りもうまくない(両方だめ)」



先ほどの例②で「私は肉も魚も好きじゃありません」と表現するには



I don't like meat or fish.



となるのがお分かりいただけたでしょうか?

まとめ

f:id:makocho0828:20170819021046j:plain




さて今回はいかがだったでしょうか?今回の「AとBの両方~ない」はnot A or Bになる理由が分かっていただけたかと思います。




この部分は和訳はもちろん、英作文でも非常に間違えやすいポイントですので、ぜひ会得してくださいね!




ではまた