まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

英語の記号を侮るな!セミコロンが指しているものを丁寧に英文解釈しよう!【英文解釈】

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170821205321j:plain


この記事を読むと
英文に出てくる記号を味方にできます。



● こんにちは、まこちょです。




今回のテーマは「英語の記号を味方につける」です。意外と記号を正確に判断するって難しいですよね。




ですが、記号も立派な英文解釈のヒントになりうる頼れるやつなんですよ。



そこで今回の英文は記号を駆使して読みほどいていく方法を解説します。




たかだか記号だろ?とそういわずにむしろ記号を味方につけてさらなる英文解釈力を身につけてくださいね!

本日のお題


【問33】
Those of us who live in towns have learned to adjust ourselves to some degree to the kind of overcrowding which seems to be an inevitable consequence of city life; but the closer we are packed, the more easily resentful of each other do we tend to become.




[解説]

予告のThoseを見逃さないで



● Those of us who live in towns... ⇒ Thoseは名詞。したがって主語(S)になるというのが「直読直解」の基本スタイル。


(S)は容易に発見できるけれど動詞(V)を見つける前に関係代名詞who節につかまってしまいますね。



ところでwhoの先行詞ってどれ?



もちろんusのわけありません。だって関係代名詞は「代名詞」を先行詞にできないんです。



そう、ここの先行詞はthose。しかもwho節がかかっているから、those「人」を指していることもわかるのだ。



Those <of us> who live in towns...


of us「私たちの中の」Those who...の間に入っていたんですね。


訳「私たちの中で都会に住む人々【は】」


those whoの形について単に熟語だと思っている人、こっちの記事にGOだ。
www.makocho0828.net


adjustの語法はadjust A to B


続いて


Those ⇐ [who~] learned to adjust ourselves...




動詞のlearnedが見つかってほっと一息。learn to Vで「Vするようになる」


adjust「適用する」adjust A to Bと表現します。しかしだからといって、



...learned to adjust ourselves to some extent...



に飛びつくのは「勇み足」かも。to some extent「ある程度」という熟語を作っています。さらにその後ろの、



... adjust ourselves <to some degree> to the kind of overcrowding



adjustの本命なのでした。


訳「私たちの中で都会に住む人々【は】...の種類の混雑にある程度適応できるようになっている」


そしてまた関係代名詞節。



... the kind of overcrowding ⇐[which seems to be an inevitable consequence of city life]



特に問題はなし。an inevitable consequenceは「不可避の結果」

which節の訳「都会生活の不可避の結果であるように思われるような【混雑】」


ここまでの訳「私たちの中で都会に住む人々は都会生活の不可避の結果であるように思われるような混雑にある程度適応できるようになっている」

セミコロン「;」は接続詞の何でも屋

... city life; but... ⇒ セミコロンは「接続詞の何でも屋」だったね。




そして「何でも屋」なんだけどテキトーに読まれたくない場合、このbutみたいに「逆接」として読めよ!と教えてくれたりします。


セミコロンの復習はこちらがおススメです!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net


「比較級」超定番構文


続いて



... the closer we are packed, the more easily resentful of each other do we tend to become.



the 比較級 S+V~, the 比較級 S+V...の構文だ。「SがVすればするほど(ますます)SがVだ」


be packedで「詰め込まれる」  resentful of~で「~に腹を立てる」

訳「しかし、われわれが密接に詰め込まれれば、詰め込まれるほど、ますます一層、容易にお互いに対して腹を立てるようになる傾向がある」



さて終わりました。全体訳はこれ。


全体訳「私たちの中で都会に住む人々は、都会生活の不可避の結果であるように思われるような混雑にある程度適応できるようになっている。しかし、われわれが密接に詰め込まれれば、詰め込まれるほど、ますます一層、容易にお互いに対して腹を立てるようになる傾向がある」


まとめ

f:id:makocho0828:20170821205520j:plain


さて今回はいかがでしたでしょうか?今回は比較的テーマが現代寄りなせいか、いつもの文章よりも「読みやすい」感じがしましたね。



でも復習ポイントもありました。① thoseの用法  ② セミコロンの処理などがポイントになるでしょう。バッチリものにしておいてくださいね。



ではまた