まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

英文に出てくる名詞の役割とは?役割のない名詞の処理法はこれだ!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170901145016j:plain

この記事を読むと
役割のない名詞の処理方法が分かります



● こんちは、まこちょです。



いつもこのブログを読んでくださいまして本当にありがとうございます。



今回は英文における「名詞」の役割についてです。



英語において「名詞」は非常に重要な役割を持っていまして、この品詞がないと英文を作ることができないほど大切なものです。




主語(S)、目的語(O)、補語(C)、前置詞の目的語など、英語は「名詞」中心に構成されている言語といってよいですね!

本題に入る前に



このブログのカテゴリに「【読解】英文法」「1日1題!直読直解英文解釈」という若干長いカテゴリ名があるのですが、




先日読者の方から、この2つのカテゴリの「ノリ」が違うと指摘があったんですよ。




別人が書いているんですか?という感じです。



試しにこちらがカテゴリになります
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net



これね、なるほどと思っちゃった。



両方とも「私」まこちょが執筆しているのは間違いないのですが、この点にそれぞれのカテゴリの方向性が出てると言っていいでしょう。



「【読解】英文法」はその名の通り英文を読むための基礎知識をご紹介するカテゴリです。



したがって本当に「根っこ」の部分を書いているわけですね。



「根っこ」ですからこれ以下のものはないわけです。



したがって固くなりがちな内容ですから、若干「遊び」を交えて面白く読んでくれればな~と思って記事を書いています。



それに対して「1日1題!直読直解英文解釈」の方は、「【読解】英文法」で得た知識を「どう使うか」に焦点を絞って書いています。



ですからある意味「客観性」が強くなる



この英文は「気合でこー読むんだよ!」って言っちゃったら「おいおいお前の【読解】...」のほうでえらそーに言ってたあの内容はなんだったのよ?


ってなりますよね。



英文を読むための「基本となる」【ルール】を身につければ、余計な感情を入れなくても英文は「読め」ますよ、っていうのを「証明」するためのカテが「1日1題!直読直解英文解釈」なんです。



だからこっちのカテゴリは必然的に「過去記事」紹介のリンクが多くなります。



困ったときに「キー!」ってならないで、「1+1=2」はどんなプロセスだったっけ?と戻れる場所、それが「【読解】英文法」です。



このように各カテゴリの「方向性」を捉えてくださればと思います。



そして本日もこの「【読解】英文法」からのご紹介!



急に本題に戻るのもこのカテゴリのいいところ(笑)


参考までにこちらの記事をどうぞ
www.makocho0828.net


英語の「名詞」って働き者

みなさんは「のびた」のような名詞を見たことがありますか?



このブログでもいたるところで散々紹介している訳ですが、



この「名詞」ってやつ、働くんですよ。



動詞の主語(S)になったり、目的語(O)になったり補語(C)になったり前置詞の後ろにくっついちゃったり、と



それはそれは働いてくれますよ。「過労死」しちゃうぞ!ってなくらい。



非常に頼れるやつなわけです。


ちなみに本ブログでもこの「名詞君、大活躍の巻」と称して過去記事がございますので良かったら後でちら見しておいてね。
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net



ところがこんな世界(?)でも、「例外」ってあるわけです。そう「働き者」の陰に隠れて「ちっとも働かないやつ」が。



つまり英文様から何の「役割」も与えられていない名詞があるんですよ。



本日はその「怠け者」の名詞にスポットを当てて見ようというわけです。



こういう名詞が解釈のときに程よく難易度をあげてくれますから、初めから「あ~こういう名詞もあるんですね」って知っておいた方がいいです。



ちょっと問題を見てみましょう。

練習問題


[問題] 次の文を和訳しなさい。
(1) Her best friend Lisa is a nurse.
(2) John Stein, a writer from California, won the Nobel Prize.
(3) I read War and Peace, one of the masterpieces by Tolstoy.
(4) He studies astronomy, the study of stars, at college.
(5) He should have dreamed of a future in which all the people could become happy, a time when his father and mother could live happily.          



どの名詞が「怠け者」の名詞か分かりますか?




[解説]

役割が与えられていない名詞 = 前の名詞と「同格」


(1) この文は


Her best friend(S) Lisa is(V) a nurse(C). 
   


で文型も単純ですが、唯一、名詞の「Lisa」に役割が与えられていないですよね



このように何の役割のない名詞は前の名詞と「同格」になっているんです。


役割のない名詞 ⇒ 前の名詞と「同格」


ここでは



Her best friend = Lisa is a nurse. 
    


となっている。訳語は「つまり、すなわち」などと訳せばok。

訳「彼女の一番の親友、(つまり)リサは看護婦だ」



(2) John Stein(S), a writer from California, won(V) the Nobel Prize.


文型は簡単。a writerが名詞なのに役割なし。John Steinと「同格」だ。

訳「カリフォルニア出身の著者、John Steinはノーベル賞を受賞した」


目的語の「同格表現」



(3) I(S) read(V) War and Peace(O), one of the masterpieces by Tolstoy.



readは3文型SVOを取る動詞。War and Peaceで文型は終わっています。



したがってoneが名詞なのに役割がない。War and Peaceと「同格」なのだ。

訳「私は、トルストイの傑作の内の1つ、War and Peaceを読んだ」




(4) He(S) studies(V) astronomy(O), the study of stars, at college.


studyは3文型を取る動詞。the studyが役割なし。前のastronomyと「同格」だ。

訳「彼は大学で天文学、すなわち星の研究に勤しむ」



ね?簡単ですよね。そしてこのことを踏まえて、本来なら「1日1題!直読直解英文解釈」のカテゴリで、前振りもなく読ませる文章が次の(5)のような文章になるわけです。



(5) He should have dreamed of a future in which all the people could become happy, a time when his father and mother could live happily.


He should have dreamed of a future... ⇒ ここまでで文型は終了しています。

訳「彼はある未来を夢見ていたはずだ」


a futureに関係代名詞節がかかり、



a future in which all the people could become happy...
「すべての人々が幸せになれる(未来)」


そして、



...a time when his father and mother could live happily.



このa timeはいったいなんだ?「役割がないじゃないか!」と問題提起をし、



He should have dreamed of a future... , a time when his father and mother could live happily.


あ~なるほど a futurea time「同格」の関係を作っているのかぁ~!と納得させていくわけです。


訳「彼は、全ての人々が幸せになれる未来、すなわち父や母が幸せに暮らすことのできる時を夢見ていたはずだ」



そしてこんな感じで過去記事を紹介していくんです(笑)



え?役割のない「名詞」ってなんだよ!そんなの知らねーぞ!と思った君、こんな記事あります
www.makocho0828.net



お後がよろしいようで。


まとめ

f:id:makocho0828:20170901144729j:plain



さて今回はいかがでしたでしょうか?今回のポイントは①役割のない名詞はどうするの?ですが、よくよく考えてみると「役割がない」っていったって「同格」として立派に仕事してんじゃん!というのは言えますよね。



そう「のびた」が怠け者の一例としてよく登場するくせに、結構要所要所で頑張っちゃうやつであるのと同じです。


そのように今回の名詞も捉えてくれればと思います。



ではまた!


こんな記事もよく読まれています。ぜひ読んでいただけたらと思いますぜ!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net