スタートダッシュ英語学習
詳細はこちら

【無料おためし】「スタディサプリ大学受験講座」が受験【最強】のツールである理由

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20171231165643p:plain


この記事を読むと
「スタディサプリ高校・大学受験講座」が今や大学受験のスタンダードであることが分かります。


● こんにちは、まこちょです。




みなさんは「スタディサプリ」をご存知でしょうか?そう、今や全国の大学受験生・TOEIC・英会話学習者の2人に1人が登録しているという究極の英語学習アプリのことです。





TVCMなどでおなじみのこの受験サプリなのですが、これから大学受験を目指す高校生や、TOEICでハイスコアを狙っている大学生・社会人の方々などが、インターネットを使い、PC、スマホ、タブレットなどで24時間好きな時に好きなだけ授業を受けられるe-learningシステムになっています。




この「スタディサプリ」は使い勝手の良さが売りで私もよくこの受験サプリの質問を受けるようになりました。そこで実際に無料体験を経て、このサプリの長所と短所、使い方を余すところなくみなさんにご紹介したいと思います。




ぜひこれから大学受験のスタートダッシュを考えている方は、これを機に検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタディサプリの長所はここ



この「スタディサプリ」とにかく生徒からの評判がよく、わたしも日々受験生に指導をしているものですから、何度も耳にするうちに「そんなにいいの?」と思わず乗り気になってしまったんですよね。そういうわけで無料体験を使って実際に受験生になった気分で受講してみました。



幸いこのスタディサプリ高校講座・大学受験講座ですが14日間の無料おためし期間があります。通信教育・塾・予備校を選ぶ際には、単に料金が安いという理由で通信講座を選ぶと必ず失敗しますので、先ずはじっくり無料体験を受講することを強くおススメします。


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。



まぁ、こういっちゃなんですけど私もプロですからね。受験生とはまた違った目でチェックをしたりするんですけども、これは商売柄しょうがありません(笑)もちろん事前に実際に私の生徒から、この受験サプリのどの点がいいのかもある程度情報として入手してありました。




まず、何よりも驚いてしまったのはこの講義のクオリティの高さです。いやマジで…このレベルがスマホで受けられちゃうの?てなくらい質が高いです。

【長所①】:講義のクオリティがめちゃくちゃ高い

f:id:makocho0828:20171231151822p:plain



この方々が講師を務める講師陣なのですが、NHK出版などからも英語に関する本を出版しオンライン英会話スクール「hanaso」の監修でもおなじみの関正生先生を筆頭に、予備校界のオールスターといってもいい集団の集まりです。したがって授業の質はいわずもがな。正直言って「大手予備校にも負けない質の高さ」と言っていいくらいクオリティが高いものになっています。しかし、こんな授業がスマホ片手に受けられるのか…と思わずちょっと受験生にジェラシー(笑)非常に羨ましく感じました。


授業風景
f:id:makocho0828:20171231151928j:plain

動画は1コマ15分程度から。講義の「スキップ」「一時停止」「早戻し」も自由自在。わからないことは何度でも早戻しして受講。一時停止して問題を解くのも自分のタイミングです。

倍速学習でスピードを早めて集中受講すると、予備校に週1回通うと1年かかる講義も、最短1か月程度で終えることができます!

f:id:makocho0828:20171231171325p:plain


【長所②】:コストパフォーマンスがやばいくらい高い


講義の質が高い割に、月額980円しかかからないなんていうのはもはや価格破壊です。いや、本当に信じられない。普通大手予備校などに通う場合、こんな金額では到底無理です(ざっと年間50~60万程度の出費は覚悟しなくてはなりません)。



しかもこのスタディサプリ、月間受け放題ですからね、分からなかったら何度も受講していいんです。予備校の授業は生授業の場合、通常「1回」しか受けられませんよ?この点から考えてもコストパフォーマンスの良さは群を抜いていることがお分かりかと。ちなみに私も昔浪人して大手予備校に通ったんですが、このころにはこんなサービスなんて夢のまた夢、もっというと携帯電話がない時代ですからね…つくづく羨ましい。


スタディサプリ大学受験講座料金一覧はこちら


【長所③】:いつでもどこでも授業を受けることができる


いや、これもね…みなさんはモバイルの時代なんで、ある程度は「まあ当然だよね」という感覚があるかもしれないんですが、そんな人は近くに予備校がなく、毎朝早くから電車に乗って約一時間半、予備校に着くなり授業のために「席取り」をしていた私に謝ってください(同じような年代の方いると思うなぁ。いたらブクマしてください(笑))まぁ余談ですけど。




この「いつでもどこでも授業を受けられる」というのは本当に革命でしょう。ということは定期テストなどで苦手な箇所がある場合、ピンポイント的に自宅で講義を受ける(しかも何度も)という技も使えちゃうというわけですよね?いや、本当に時間対比効率が抜群にいいですよね。まだリスニングのCDもろくにない時代、英語のリスニングを聞くたびにカセットテープの頭出しを何度も何度もやっていたらテープが切れて、デッキに絡み付いて修理に半日を費やした私に謝っ(以下略)。


【長所④】:苦手科目対策が可能


予備校や塾というものは1.2年生のうちは「数学」「英語」がメインになりがちです。つまり、他の科目「社会」「理科」「国語」は苦手な方が結構いるにも関わらずこの時期には「対策」を打ちづらいという弱点があります。




ところがスタディサプリはその点もクリア。苦手な科目の授業だけ集中的に受けることができるんです。これはなかなか既存の予備校・塾にはできないことなんですよ。
.



このように、若干私の「私情」が入りお見苦しい部分をお見せしましたが、このスタディサプリ、一見すると死角がなさそうに思えます。ですがそんなサービスはこの世界のどこにもないんです。ここからはあくまでも私が感じたスタディサプリの「デメリット」をあげますので、むしろこちらを参考にしていただければと思います。

スタディサプリの欠点?はここ



まず先ほどから私がいい年してあげた愚痴めいたものが、実はそのままこのスタディサプリの欠点になりえるのではないかと考えています。つまり


【欠点①】:便利すぎる


人間、一度贅沢をするとなかなか元には戻れません。このスタディサプリの「柔軟さ」はもちろん圧倒的なアドバンテージを受験生に与えてくれますが、いつしかこのサービスに慣れきってしまい、「いつでも授業が受けられるから後でやるぅ~」とか「値段が980円だから(安いから)授業を受けなくていいや!(キリ)」とか、とにかく便利すぎるがゆえのモチベーションの低下というのはあるかもしれません。これはメンタルの部分なのでなかなか対抗策が立てづらい部分ではあります。



ちなみにもしこのサービスを始めて、万が一このような精神状態になってしまったら、ぜひこちらにコメントをください。2○年前の私が説教してあげます(笑)



つまり自己管理がスタディサプリを受講する場合のキーポイントになることが分かります。このその気になったらいつでもさぼれるという環境を、自分でしっかりと学習プランを立てて、目標に向かって邁進することができる人でないと、スタディサプリはただ受講しただけの気分になりがちだということです。まぁこれは何につけてもそうですけどね。


【欠点②】:受け身になりがち


またこれは通信教育全般に言えることなのですが、目の前に先生がいてモチベーションアップに努めてくれるわけではありませんので、やはりやる気の維持をしっかりと自己管理できる人でないと長く続かない危険をはらんでいます。とくにこのスタディサプリは「カリキュラム」があるわけではありませんので、勢い学習計画を「自分自身」でしっかりと計画しなければなりません。



つまり誰かに促されるばかりの「受け身」の姿勢ではこのサプリを使いこなすことは難しいと思われます。


【欠点③】添削機能がない


これは以前、他の記事でも紹介させてもらったのですが、スタディサプリは「添削機能」がありません。これは、同じ通信教育大手の「Z会」や「進研ゼミ」など比べると一歩水をあけられた形になっています。



「添削」を受けることができるのがZ会、進研ゼミの最大の「特徴」で、難関国公立大の「記述試験」対策をすることができるという点で、スタディサプリよりも一歩リードしています。


参考までに
www.makocho0828.net

まとめ

今回は「スタディサプリ高校受験・大学受験講座」の長所・短所をプロ+現役の受験生の意見で述べさせていただきましたが、最後にはやっぱり本人の「やる気」がからんで来ています。しっかりと将来を見据えて行動できるか、これがスタディサプリに限らず、すべての通信教育を受講する上での最大キーポイントになるのは間違いありません。逆にこの点さえクリアすれば「スタディサプリ」は大学受験の新スタンダードになりえるほどのポテンシャルを持っていますので、ぜひ無料体験からじっくり検討していただければ!と思います。


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。



またこのスタディサプリは大学受験講座だけでなくアウトプット中心の「スタディサプリ ENGLISH」・「TOEICテスト対策など用途に応じて選択できるようになっています。ぜひ以下の記事も合わせてご覧になってください。


▶ スタディサプリEnglish TOEIC対策コースがすごすぎる!今後のTOEIC学習のスタンダードになるか? | TOEICom



最後に。これは総括なのですが、このスタディサプリを使いこなすだけで大学入試を突破することは間違いなく可能です。



ぜひ使いこなしてみてください。そして合格を勝ち取ってくださいね。




ではまた

コメント