SVCOの「倒置」文に気づく方法とは?その見分け方は思った以上に簡単だった!

直読直解英文解釈

 

この記事を読むと
SVOCの5文型の倒置形SVCOの形があっさり分かります。

 

● みなさんこんにちは、まこちょです。

 

みなさんの中には英語の「倒置」が苦手な方は多いかと思います。特に今回のようなSVOC文型倒置形は正直いって解釈している時に気づかないときが多いんですよね。






もちろん解釈・和訳問題でこの「倒置」が分からないということは死活問題(?)ですからしっかりとその見分け方を学習しておかなければなりません。

 

そこで今回は実際の入試問題を通じて、この「倒置」について徹底アプローチ!絶対に見過ごさない方法を考えてみましょう。ぜひ、今後の英語学習にお役立てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日のお題

【問】下の単語を参考にしながら和訳しなさい。

It is often possible to make known what one wants and what he is thinking about by means of gesture, without the use of words, and it may be that men talked by signs before they used spoken language.



● by means of A: Aによって

● sign 名: 合図 




本日は1文構成です。最後までがんばって読んでみましょう。なかなかのボリュームですね。



【解説】

It は「代名詞」ではない

● It is often possible… ⇒ この文章はこのItからスタート。したがって【代名詞のItではない】 →【仮主語のItだ】→【後ろに本物(真)主語がある】→ 【真主語は to 不定詞/ that S+V / 疑問詞 S+Vの形をしている】と思考が瞬時に頭の中を流れて、後ろのto make…を発見できた人は




【It】is often possible【to make known…】




つまり、


【It】=【to make known…】(S) is(V) often possible(C)…



【   】の中身はまだ読んでませんので、とりあえず【   】は可能であることが多い」としておきます。

makeのSVOC文型

to make known…⇒ 【    】の中身を「直読直解」。knownは過去分詞ですので、この時点でmake knownっておかしくね?と感覚的に思った人、かなりキレッキレな解釈能力です!!





そう、makeは後ろに過去分詞を持つことが出来ません(ちなみに動詞の後ろに分詞(現在分詞・過去分詞)が来た場合、この分詞はC(補語))。




つまりこの形、通常ではありえない形をしていると「気づく」ことが重要ですね。

倒置の文SVCO文型

make known what one wants… ⇒ 違和感を感じつつ読み進めるとwhat節




そう、必ず「名詞節」になるこのwhat節。【「名詞」だから、文で何か役割を持っているはず】→【そういえばmakeって他動詞だよね】→【もしかしてこれがmakeの目的語(O)?】→【これって倒置ってやつ?】
と頭が動いた人、お見事です。

 


…to make(V)known(C)[what one wants] (O)



このmakeSVOCの第5文型を取っているのですが、OとCが逆になって「倒置」しているのでした。え?なんで倒置しているのかって?それは次を読めば分かりますよ。


なんでこのwhat節がmakeのOになるの?って思ってしまった人、こちらの記事へGO!
www.makocho0828.net

 

and の等位接続詞の処理法

● …what one wants and what he is thinking… ⇒ and等の等位接続詞を見つけたら、接続詞がつないでいるものを必ず明確にすること。ここを徹底するだけで読解能力がザクからシャアザクに変わるぐらい重要です。




やり方は覚えていますか?ここの思考は【andの後ろを見る】→【whatの文だ】→【わかりやすい!andの前に同じ箇所はと、ってさっきあったじゃん!】と流れていれば正解



つまりこのandはwhat節を2つ繋げているのです。




… what one wants【and】what he is thinking


等位接続詞の処理がまだまだ甘かった人!こちらの記事へどうぞ!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net


つまりここはOがやたらと長くなるので(SVOCの場合、Oの位置が長くなるととても読みにくいんですね)それを防ぐためにOとCを「倒置」して読みやすくしているのですね!



訳「自分が望んでいるものや考えていることを知らせること」



先ほどの訳と組み合わせて、

途中訳「自分が望んでいるものや考えていることを知らせることは可能である場合が多い」



あとは前置詞+名詞のセットが2つです。about by means of gesture 「身振りによって」、 without the use of words 「言葉を使わずに」

訳「自分が望んでいるものや考えていることを、言葉は使わずに身振りによって知らせることが可能である場合が多い」

 

it may be that ・・・の処理は?

● it may be that S+V「SはVであるかもしれない」。もともとはIt is that S+V「実はS+Vである」という表現なのですが、mayのような「推量」の助動詞を使ってさまざまな表現が可能です。




and it may be that men talked by signs before they used spoken language.


訳「人間は話し言葉を使う前は合図で話をしていたのかも知れない」



全体訳「自分が望んでいるものや考えていることを、言葉は使わずに身振りによって知らせることが可能である場合が多い。人間は話し言葉を使う前は合図で話をしていたのかも知れない」

スポンサーリンク

まとめ

f:id:makocho0828:20161120220105j:plain



今回はいかがだったでしょうか。今回のポイントは


① It の種類
② 倒置に気づく
③ andの等位接続詞の処理


でした。




倒置は言われてみると「ああそうか」と理解してもらえるのですが、最初はなかなか気づかないものです。



ですが、ルールにのっとって文を読んでみるとある時「違和感」に気づくんです。あわててはいけません。必ず捉えられる日はやってきます。




ではまた。

もしも英語で悩んでしまったら下の絵をクリック!
またブログをメールで購読したい人は!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

直読直解英文解釈
スポンサーリンク



まこちょをフォローする
まこちょ英語ブログ

コメント