精読と多読はどちらを重要視すべきか?これが後悔しない長文読解学習法だ!
詳細はこちら

インプットからアウトプットの英語学習に移行するときの最大注意点とは?

大学入試後の英語学習
 
この記事を読むと
インプットからアウトプットの英語学習に移行するときの注意点が分かります

 

 

● こんにちは、まこちょです。

 

 

みなさんの中にはこれまでの英語学習から卒業して、いよいよ本格的なアウトプット学習である「英会話」にその勉強の軸を移そうかと思っている方も多いんじゃないでしょうか?

 

これまで大学入試のインプット重視の英語学習ばっかりやってたから、英会話はちょっと…なんて思っているあなた!今、オンライン英会話は最も安価に習得しやすい時代だということに気がついているでしょうか。

 

いや、時代の流れとは恐ろしくて、ついに英会話習得はわざわざ英会話スクールに通う必要が完全に無くなるくらいの勢いです。オンライン英会話の格安のレッスン料と、なんといってもいつでもどこでもできるその利便性の高さは英語学習に革命をもたらしています。

 

 

もはや英会話上達のハードルは格段に低くなり、自宅に居ながら独学で十分に英会話が上達できる環境が揃っています。ですが、その利便性に並行して、英語学習者には新たな「試練」が沸き起こっていることをご存知でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語学習の「自由度」がもたらす弊害

 

そう、今英語学習は誰でも、いつでも、どこでも始められて、きわめて「自由度」が高いのですがそれに比例して「自己責任」の割合も急激に高まりました。

 

つまり、つねに自分の英語能力と向き合って、ぞの瞬間瞬間、最適な学習方法を自分で選択していかなくてはならなくなったということです。

 

 

英語は毎日の継続した学習もはや必須です。しかも自分の英語能力よりもはるかにレベルの高い教材を導入しても学習効果は向上しません。個人個人でその勉強方法には違いがあるんです。

 

 

ところがいざ英会話などのアウトプット学習にスイッチしたとしても、自分の実力を冷静に推しはかっていないがために、長続きしないことが多々起こります。

 

 

つまりインプットからアウトプット移る場合、「タイミング」が超重要になるということですよね。

 

 

そこで以下では、この「タイミング」をみなさんと考えるとともに、インプット学習から英会話などのアウトプット学習への移行時期に、最低どのくらいの英語力が必要になるのかを教えます。

 

スポンサーリンク

英会話学習には最低限の英文法の知識が必要

 

英会話の学習に移行すると一言に言っても、今まで全く英語に触れていなかった人が、突然英会話をするのははっきり言って「無謀」です。世間一般的に英会話が流行りだから、といったノリで学習を開始しても全くついていけなくなるのがオチ。最低でも以下のポイントをクリアしてからアウトプット学習に切り替えましょう。

 

中学レベルの文法・語彙力は必要

 

英会話のアウトプット学習をするには、最低でも中学生レベルの「文法・語彙力」は必須です。いくら自由に話したい!とは言っても、基本文型(SVOC)が分からなければ聴くことはできないし、ライティングなどでも正確に英文を書くことは不可能です。

 

もちろん今後は英文ライティングの能力もしっかりと企業等で求められますから、ただなんとなくではなく、正確な英文表現力が求められることは肝に銘じているべきですね。

 

リスニング能力をもう一度見直す

 

これも当たり前の話なのですが、英会話をするということは、いきおい相手の言っていることを正確に「聞き取れる」というリスニング能力が必要不可欠です。

 

まさか相手が何を言っているのか分からないのに自分で勝手にしゃべるわけではないですよね?つまり本格的な英会話の学習をするには相手の話をある程度聴いて理解できる能力がまず前提としてそなわっていなければなりません。

 

スポンサーリンク

中学レベルの英語力で会話は成立する

 

つまりまずはインプット学習を見直すことが重要になります。とはいっても大学入試のように、重箱の隅をつつくような文法事項の知識は必要ありません。

 

そこで中学レベルの英語力をインプットする(復習する)ことから始めるのが良いでしょう。中学レベルですからそれほど時間のかかるものではありませんから、まずは腰を据えてこれまでの英語学習を思い出す意味でもおススメ学習方法なんです。

 

TOEIC600点突破が英会話学習スタートの1つの目安

 

よく英会話学習を始める具体的な英語力はどのくらいでしょうか、という質問を受けるのですが、大まかな目安としてTOEIC600点が目標数値になります。

 

TOEIC600点は「中学卒業レベルの英語力」と言われており、この600点というスコアをクリアできていれば、本格的な英会話の素地は十分出来上がっていると判断してokです

 

このTOEICスコアを獲得するときの1つのポイントが「リスニング力」。ここをしっかり伸ばさないとTOEIC600点を突破するのはかなり困難です。

 

それに前述のとおり、リスニング力は英会話の学習の「要」と言ってもいいくらい非常に重要な能力、今後やり直し学習を考えている人はまず最初に意識するポイントなのです。

 

スポンサーリンク

TOEIC600点をゲットするためのおススメ英語参考書

 

いくらもう一度英語を復習するといっても大学入試の参考書をひっぱり出してきて学習するというのは非効率すぎます。何度も言いますが「中学卒業程度の」文法力・語彙力をまずはもう一度復習するのが極めて効率の良い学習方法です。

 

そこで以下の参考書をご紹介します。以下の参考書で文法事項は全体の訳80%語彙力は1000~1500語を目安に身につけましょう。

 

 

中学で学習する英文法が非常に分かりやすくまとめられています。まずはこの参考書で英文法の基礎を復習するのがおススメ。短期間で効率よく学習できるでしょう。

 

 

この参考書も中学~高校初級レベルの英単語や英熟語を効率よく学習できる参考書。付属のCDは必ず学習に取り入れてください。あくまでも、これから英会話への本格学習へ舵を切るのですから、「音」を中心とした学習は非常に重要なポイントになります。

 

また、リスニング力を確実に上げたい方は以下の問題集もおススメです。

 

 

 

実はTOEICスコアは600点までは「リスニング」の方が伸ばしやすいので、まずはこういった教材でリスニング力をつけていくことが、英会話学習にスムーズに移行できるポイントになります。

 

こういった教材で、まずはTOEIC600点を目指してください。ネコも杓子も「英会話」と世間はもてはやしていますが、スムーズにアウトプットの学習を行うには、それなりの「準備」が必要であることは強調したいところですね!

 

TOEICスコアを上げるには、オンラインサービスもおススメ

 

どうしてもTOEICスコアで600点とれない!という人はTOEICスコアを上げるためのノウハウが充実しているTOEIC専用オンラインサービスを利用するのも吉。

 

いかのサービスはしっかりと講義しつつTOEICの得点を効率よく獲得するにはうってつけのサービスになります。

『スタディサプリEnglish TOEIC対策コース』が超おススメ!使い方と評判を徹底解説!
  この記事を読むと 「スタディサプリEnglish TOEIC対策コース」が余りの充実ぶりに感動で…

 

スポンサーリンク

うまくTOEIC600点をゲットできたら

 

 

最後になりますが、もし順調にTOEIC600点をゲットできたら、いよいよ本格的な英会話学習に乗り出しましょう。正直言ってここまでの課題をクリアしたあなたならば、今後の英会話学習もノリノリで学習することができることを確信しています。

 

もし特にオンライン英会話ってどこがいいの?と考えているのでしたら、以下のオンライン英会話サービスをおススメします。実に実践的で効果的な学習プログラムが用意されていますので、以下の記事を参考に検討してみてはいかがでしょうか。

 

え?英作文の添削をオンライン英会話で?これが効果的なライティング対策方法だ!
...

 

スポンサーリンク

あとがき

 

さて、今回はいかがでしょうか。英語学習は「段取り」が重要ですので、これから英会話学習を始めたい人はぜひインプットの復習をまずは第一目標として、TOEIC600点を目指してみてください。

 

 

ではまた

大学入試後の英語学習
スポンサーリンク



まこちょをフォローする
まこちょ英語ブログ

コメント