読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

would ratherの用法はデンジャラス!!なぜ後ろに過去形の文がくるのか徹底考察してみた!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170503155526j:plain

この記事を読むと
would ratherの用法が詳しくわかります。


● こんにちは、まこちょです。



英文法を学習する過程で「助動詞」という単元がありますよね。そうcanとかmustなどがそうです。



この助動詞の種類の中にみなさんを悩ませるやっかいな表現があるんです。



今回ご紹介するwould ratherがそれ。



この表現、受験生からの質問がダントツに多いことからも分かるとおり、一筋縄ではいかないのです。


とくに一番多い質問がこれ。



「would ratherのあとにS+V(文)が続くことがあるのですが、これ文法的におかしくないでしょうか?」



というもの。


確かにこれは絶対疑問に思いますよね。例えば以下のような例文がそうです。



I would rather she studied English.
「私は彼女に英語を勉強してもらいたいのですが」



これがその例文なのですが、確かにちょっと「変」なんですよね。


rather副詞だとしても、我々がこれまで学習した「助動詞」のルールとして



助動詞+動詞の原形



助動詞に後ろには動詞の原形が必要なんです。



ところがこの例文wouldの後ろにshe studied...「文」が始まっちゃってる。



これはいったいどういうことなのでしょう?しかもこの後ろに続く文、必ず「過去形」になるんですよね。



このようにwould ratherはちょっと「謎」が多そうですね。今回はこの点をバッチリみなさんと検証してみようと取り上げてみました。



ぜひこの記事でwould ratherの用法を打ち破っていただけたらと思います。

would ratherの基本


このwould rather、たしかに受験生泣かせの側面がありますので、さまざまな形で入試問題に取り上げられます。ちょっと確認してみましょう。


would ratherの頻出ポイント①
would ratherは2語で助動詞


まずwould ratherで問われるポイントはこれ。would ratherは2語で構成されているのですが、これでcanなどと同じ「助動詞」なんです。


したがってwould ratherの後ろには動詞の原形が続くのも納得ですよね。


● can +動詞の原形

● would rather+動詞の原形



I would rather stay here.

「私はむしろここにいたい」


そしてこれに関連して、would rather否定の形がよく出題されますね。


would ratherの頻出ポイント②
would ratherの否定形はwould rather not



これも知らない人にとっては困る問題だろうと思います。would ratherは2語で助動詞ですから当然、


● can +not

● would rather+not


notの位置がこうなるのは当然でしょう。間違ってもwould not ratherとしてはいけません(もちろんダミー選択肢の常連です)。


I would rather not stay here.

「私はむしろここにいたくない」


ね?ここまででも十分入試問題として通用しますよね。


ところがまだ続きがあるんですよ。


would ratherの頻出ポイント③
would ratherはもともと比較級の副詞


would ratherratherですが、もともとは「比較級」の副詞でした。したがって本来は後ろにthanをともなって



would rather A than B
「BするよりはむしろAしたい」「BするくらいならAするほうがましだ」



という形で使われていたんです。そしてthan(等位)接続詞and、butなどの仲間。


A and BAとBは文法上「同種類」のものが来るので、Aが動詞の原形ですからBも動詞の原形、つまり、



would rather 動詞の原形 than 動詞の原形



という形になるんです。これも整序問題などで超頻出


I would rather stay here than go out.
「外出するよりここにいたい」



参考までに、等位接続詞についての記事はこちらになります
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

なぜwould rather+ S+過去形があるのか?


さて、今回の本命である、would ratherの後ろに過去形の文が続く形です。この形は確かに初めて見た方には「?」がつきますね。



大体wouldの後ろは動詞の原形S+Vなど続くわけがないですから。



そう、じつはこの文、ある言葉が省略されているという説が有力です。それは、




I would rather she studied English.
「私は彼女に英語を勉強してもらいたいのですが」

I would rather appreciate it if she studied English.



と、間にappreciate it ifが省略されていたのでした!そうするとなぜこの形のとき後ろの文が「過去形」になるのかも分かるかと思います。つまり




I would rather appreciate it if she studied English.




そう、if節のなかが過去形の文、これは「仮定法過去」の文だったのです!ですから前の主節の箇所がwill ratherではなくwould rather「助動詞の過去形」が使われていたのですね!



こんなの教えてもらわないと絶対理解できませんね(泣)


【追記】

would ratherをwishと同じ用法として捉えるという説もあるようです。なるほどやはり「仮定法」ですね。遠回しの「願望」表現として使うという考え方もあるようです


Do you mind if I take pictures ? I'd rather you didn't.
「写真を撮ってもいいですか?」「撮らないでもらいたいのですが」

あとがき

f:id:makocho0828:20170503155630j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか。今回のように英文法には時としてミステリーとしか思えない場合がありますが、丁寧に紐をといて見ると意外となるべくしてなっているのが分かるかと思います。


お互いに頑張っていきましょう!


ではまた


合わせて読みたいこんな記事があります
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net