まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

「ハイフン」「セミコロン」等、この記号はなんなのよ?を検討してみた!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161114000202j:plain


● はぁい、まこちょです。お元気?


みなさんは英文を読んでいると、頻繁に「:」だの「;」に出くわしませんか?


この記号ってなんなんでしょうね?まさかカッコつけて使っているだけなんてことは...ゲフンゲフン、失礼


そう、これらの記号は英文中によく見るくせに、今一つ理解が不十分になりがち。


ところがこの「記号」たち、調べれば調べるほどに「役にたつ」奴らであることが判明!


単なる英文を際立たせるアイテムではなかったのだ。

そこで今日はこの記号たちを熱くご紹介!


無意味に使ってるわけではないことを信じて、読解に役立ててしまいましょう。


この記号たちの「役割」を会得して、明日から「え?○○君、この記号の意味わかっちゃうの?スタイリッシュ~」と言われるようになりましょう!

本日の練習問題


[問題] 次の文を和訳しなさい。
(1) An English essay is usually made up of three parts: an introduction, a body and a conclusion.
(2) There are four people in my family ― my mother and father,my brother and me.
(3) Ann’s favorite subjects are math and physics; Mary is good at English.
(4) It is widely believed that every word has a correct meaning of a word; and that what a dictionary says is always true.


[解説]

「:」(コロン)の役割とは?


(1) An English essay is usually made up of three parts: an introduction, a body and a conclusion.

この文では「:(コロン)」が使われている。役割はこれだ!

○【ルール121】: 「:」 ⇒ 前の文のよくわからない箇所を説明する時使う。


An English essay is usually made up of three parts:

この文で「よくわからない」箇所はthree parts。「3つの部分」だがよく考えるとここの部分、あまりにも抽象的で具体的なことが何一つわからない。そこで「:」を使ってこの部分の説明を入れてるってわけ。


~ three parts ←抽象的 : (説明) an introduction, a body and a conclusion

訳「英語のエッセーは、通常3つの部分で構成されている。導入、本文、そして結論だ」


(2) There are four people in my family ― my mother and father,my brother and me.

この文には ― (ダッシュ)が使われている。役割は:(コロン)と同じ。

訳「私の家族は4人、母と父、兄と私だ」


(3) Ann’s favorite subjects are math and physics; Mary is good at English.


お次は「;(セミコロン)」こいつは英文解釈上とても重要な意味を持つ。

○【ルール122】: 「;」 ⇒ 等位接続詞の何でも屋


セミコロンは「等位接続詞」、つまりand、but、or、forのどれかになります。なんて便利な記号だよ。


ここではor、またはandと同等の意味で使われている。


訳「アンのお気に入りの科目は数学と物理です。またメアリーは数学が得意です」


(4) It is widely believed that every word has a correct meaning of a word; and that what a dictionary says is always true.


これもセミコロン。ただちょっと違うのは「;」の後にandがついてる。


さっきも言った通り、セミコロンは「等位接続詞」の何でも屋。したがって読んでいる人にとっては「誤訳」しやすいともいえるよね。


だから親切な筆者は「;」の後にand等をつけて、「このセミコロンの意味間違えないでねとわざわざ教えてくれているのだ。


だったら初めからand使えばいいだろ!って思わず突っ込みたくなるよね。


最後に注意点。

セミコロンは2つの文が関係を持っている時でしか使うことはできません。例えば、


The teller wore a blue suit. The police was called immediately.

訳「銀行の出納係は、青いスーツを着ていた。警察が直ちに呼ばれた」


この2つの文は関連性がありませんね。したがってセミコロンは使えません。

まとめ

f:id:makocho0828:20161114000333j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか?

英文に出てくる記号は何か「ちょっとウザい」感覚がぬぐえませんが、ひとたび武器にするとこちらの英文解釈に役立つ「武器」になりますね!ぜひものにしていただければと思います!


ではまた。

あわせて読みたい、っていうか読んどけ?な記事はこちら
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net