まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

超簡単!This is whyとThis is becauseの違いとは?誰でも分かる一発把握法!

★★お知らせ★★

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161115144644j:plain
※この記事は2017年 10月22日に更新しました※


この記事を読むと
This is whyとThis is becauseが真逆の使い方であることが分かります



● こんにちは、まこちょです。


みなさんはThis is whyThis is becauseの使い分けはカンペキでしょうか?


非常に似ているこの表現、英作文で表現するときにどっちを使うべきか、悩んでしまうんですよね。


「そういうわけで」はbecause?why?とかね。紛らわしいんだよなぁ~。


これは一度対策を取らなければいけません。


ところがこのbecausewhyは実は「簡単に」使い分けることが可能なんです!


今回の記事で、もうThis is because? This is why?だの悩むこともなくなるはず。


ぜひ会得して、明日からの英語ライフにご利用いただけると幸いです。

本日の練習問題


[問題](     )のなかにbecauseかwhyを入れなさい。また各文を和訳しなさい。
(1) I was sick. This is (    ) I was absent from school.
(2) I am sick. This is (    ) I was drenched to the skin in a shower.
(3) You never pay people back. That is (    ) no one else lends you money.
(4) I haven't done laundry yet. This is (    ) it has been raining all day.



[解説]

因果関係に注目する

This is whyThis is because は紛らわしいですよね。でも実はこの二つの意味、全く「逆」なんですよ。


this is whyとthis is because
意味はまったく「逆」になる



そんなの知ってるよ!でもどっちがどっちだかわからなくなるんじゃないか!



って思ってらっしゃる方、全国に30万人(?)はいますね。心配ご無用!



この2つの文の識別はそれだけをじ~っと見ていても実は「分からない」んです。



この2つの文は「因果関係」を表す構文として有名。


何やら難しい言葉が出てきましたが、何、とても簡単です!


this is whyとthis is becauseの見分け方
「因果関係」に注目する


具体的にはこのような「因果関係」になります。


① 【原因】. This is why 【結果】
→ 【原因】。だから【結果】だ。

② 【結果】. This is because 【原因】
→ 【結果】。というのは【原因】だからだ。



ちょっと例を出しましょう。



例① I overslept. That's (    ) I was late for school today.



この文の( )に入るのはwhy?それともbecause?


こういう時は(    )の前後の文を見ましょう。するとこの文は、


「私は寝坊した【原因】」→「今日学校に遅刻した【結果】


【原因】【結果】「因果関係」なっていることは明らかです。



したがってこの(    )の中はwhyで正解。


この文が逆になるとどうでしょう?



例② I was late for school today. That's (    ) I overslept.



今度は


「今日学校に遅刻した【結果】」←「私は寝坊した【原因】


と先ほどと違い「因果関係」になっていますね。


したがって(    )にはbecauseを入れればいいと分かるわけ。簡単でしょ?


因果関係についてもっと深く学習したい人はこちらへどうぞ
www.makocho0828.net



This is whyとThis is becauseのイメージはこれだ


つまりThis is why と This is becauseはこういうイメージを持つと良いと分かります。



① This is why 

⇒ 「→(右の矢印)」を作る


② This is because

⇒ 「←(左の矢印)」を作る



じゃぁ問題をやってみようか。あっさり解けます。



(1) I was sick. This is (    ) I was absent from school.

因果関係は、


I was sick「私は具合が悪かった」【原因】
I was absent from school 「学校を休んだ」【結果】


原因】→【結果】の関係。


したがって( )にはwhyが入ります。

訳「私は具合が悪かった。だから私は学校を休んだ」



(2) I am sick. This is (    ) I was drenched to the skin in a shower.


I am sick 「具合が悪い」【結果】
I was drenched to the skin in a shower「にわか雨にあってずぶぬれになった」【原因】


【結果】【原因】の関係になっているね。


したがってこの(     )にはbecauseが入ると分かるわけだ。何か面白いくらい簡単じゃない?

訳「私は具合が悪い。というのはにわか雨にあってずぶぬれになったからだ」



(3) You never pay people back. That is (    ) no one else lends you money.

You never pay people back「あなたはお金を返さない」【原因】
no one else lends you money「だれもあなたにお金を貸さない」【結果】


因果関係が掴めたかな? 【原因】【結果】の関係になってる。


したがって(    )はwhyが正解。

訳「あなたはお金を返さない。だからみんなあなたにお金を貸さないんだ」



(4) I haven't done laundry yet. This is (    ) it has been raining all day.


I haven't done laundry yet 「私はまだ洗濯が終わってない」【結果】
it has been raining all day「一日中雨が降っている」【原因】

【結果】【原因】の関係


(     )はbecauseが入る。


訳「私はまだ洗濯が終わってない。というのは一日中雨模様だからね」


楽勝ですわ!

まとめ

f:id:makocho0828:20161115144152j:plain


さていかがでしたでしょうか。今回のポイントは「因果関係」に注目して(    )に入れるべきものを決めよう!ということです。

最後にこれを覚えておきましょう。それはwhyの後ろは「結果」しか来ないということです!


ではまた


合わせて読みたい
●「接続詞」と「接続副詞」って何が違うのか?これが重要ポイントだ!!
● 名詞節のwhether節とif節の違いとは?この使い分けだけでごはん3杯はいける!
● ひじょーに厄介な接続詞のasを攻略するためのルールはこれだ!
● もう悩まない!厄介なif節・whether節の訳し方のポイントはこれだ!
● 気をつけろ!so~that構文にはトラップがいっぱいだ!
● え! そんな法則が!? 接続詞で知っているようで知らないことをまとめてみた!
● 一撃必殺!接続詞 + 接続詞の効果的な訳し方とは?
● これが決定版!!等位接続詞and・but・orの繋いでいるものを丁寧に切り込んでみた(前篇)!!
● 等位接続詞and・but・orはここまで深い!?この接続詞が繋いでいるものは(後編)
● 超簡単!This is whyとThis is becauseの違いとは?誰でも分かる一発把握法!
● wonderはなぜ後ろがifになるのか?確定の「th-」、不確定の「wh-」について


TOEIC専門ブログスタートしました!