まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

either、neither、bothの違いとは?「部分否定」と「全否定」が使い分けのポイントだ!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20171103164329j:plain



この記事を読むと
either、neither、bothの違いについて徹底的に分かります。



● こんにちは、まこちょです。




最近、生徒が私のところに持ってくる質問にeither、neither、bothに関することが多くなってきました。




特にnot both A and Bneither A nor Bの違いについてなどですね。





たしかにnot both A and Bneither A nor Bは紛らわしいと言えば紛らわしいのですが、この箇所は文法の4択問題の常連で、しっかりと理解しなければならない箇所。




ここは一度きっちりと整理しておくと良いかと思います。




そこで今回はeither、neither、bothの使い分けを基礎からじっくり解説します。ぜひあなたの英語学習にお役にたてれば幸いです!

both、eitherの基本的な使い方

まずbotheitherについての基本についてしっかり覚えておきましょう。botheitherも「2つ」のものを指します。「3つ以上」のものを指す場合には使えないことに注意しましょう。これ非常に大事です!


both、eitherのポイント①
「2つ」のものを指す




「2つ」のものですから仮にAとBと置くと、bothandを使って、eitherorを使って表現します。both A and B「AとBの両方」either A or B「AかBかどちらか」と訳します。



both、eitherのポイント②
① both A and B「AとBの両方」
② either A or B「AかBかどちらか」



I like both this and that.
「私はこれとあれ両方とも好きだ」


Either Tom or Mary must do that work.
「トムかメアリーのどちらかがその仕事をしなければならない」


ここまでは比較的簡単かと思います。ところがこの形にnot(否定)がからんでくると、その難易度はグーンと上昇します。

not… both は「部分否定」




よくカン違いしやすいのですがbothの前にnotがつくと、




not… both A and B




という形になるのですが、「意味」に注意です。この形は「AとBの両方…ない」という意味になりません。



bothnotがからむと「部分否定」といって「…というわけではない」という意味になるんです。例えば



例 

I do not like both Tom and Ken.



「私はTomとKenの両方好きではない」という意味ではなく



「私はTomとKenの両方好きというわけではない



つまり



「私はTomとKenのどちらか片方が好き



という意味になるんです。これを「部分否定」といってAとBの両方を否定する「全否定」ではなくなってしまうんですね。



ではAとBを「両方否定」、つまり「AとB両方~ない」「全否定」したい場合はどうしたらよいかというと、bothではなくeitherを使って表現するんです。

neither A nor B は「全否定」


ここでneitherの出番です。一見難しそうに見えますが、noteitherを合体したのもなんですよ。orの方にもnotを合体してneither A nor Bという形で使います。意味は「AもBもどちらも~ない」でAとBを両方否定します。



I want neither the fish nor the steak.
「魚も肉もいらない」




この点がnot both...neitherの最重要ポイントですね。


not A and B とnot A or Bの形に要注意!和訳の頻出ポイントです
www.makocho0828.net

bothはboth A and Bという形だけではない



またこれも何気なく扱われますが、「2つ」のものを扱う場合、何もA and BA or Bの形をしていなくても問題ありません。例えばofを使った表現などもあります。



Both of them are not polite.
「彼らのどちらもが礼儀正しいわけではない」


I do not like both of them.
「両方を好きなわけではない」



もちろんこのthem「2人」を指しています。



I knew neither of them.

= I didn’t know either of them.
「私は彼らを両方とも知らなかった」

「3つ」以上を指す場合



最後になりますが、もし「2つ」ではなく「3つ以上」を指す場合は何を使えば良いのかも知っておくと良いでしょう。通常、「3つ」以上の場合はallを使って表現します。



All of them were happy.
「みな幸福だった」



them「3人」以上を指します。



All people breath air.
「すべての人は空気を吸っている」



peopleは最低「3人」はいます。ところがこれがbothになると




Both people breath air.
「両人が空気を吸っている」




people「2人」と分かるわけです。


not...allは「部分否定」

allの前にnotがつくと「すべて~というわけではない」となりbothと同様「部分否定」になります。これにも要注意。



Life is not all fun.
「いい事ばかりはない」


※注意※

not ~ at allallの前にatがつくと「全否定」となり「まったく~ない」となりますので注意が必要です!この使い分けは非常に分かりづらいですよね。



I'm not sleepy at all.
「私は全く眠くない」


まとめ

f:id:makocho0828:20171103164423j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。この使い分けは非常に苦手な方が多くいらっしゃるのも事実ですので、ぜひマスターしてくださいね!




ではまた



合わせて何が何でも読んでおきたい!