夏休みの学習計画は慎重に!絶対やってはいけない勉強法とは?
詳細はこちら

スタディサプリ・進研ゼミ・Z会などの通信教育を徹底比較!英語学習に良いのはこれだ!

勉強法・参考書

 

 

この記事を読むと
スタディサプリ・進研ゼミ・Z会などの通信教育を徹底比較検討できます。

 

● こんにちは、まこちょです。

 

大学受験の通信講座といったら「Z会」「進研ゼミ」がお馴染みですが、ここに最近リクルートが運営している「スタディサプリ」が脇に入ってきて、まさに群雄割拠、通信教育業界は3つどもえの展開になってきました。

 

自宅で勉強することができる「通信教育」はここ数年、大学入試業界のトレンドになっており、今や3人に1人は以上の通信教育を利用している状況になっています。





まず「時間に束縛されない・自分のペースで学習できる」のが大きく、これが部活動などで時間が制限される学生にうまくマッチしました。また費用が安い!予備校等にかかる金額よりも割安で、その割に映像授業その他のクオリティは実際の予備校と遜色ないなど、今や通信教育を上手く使うことで志望校の大学に合格することは十分可能な状況です。

 

わたしも英語講師をしていますが、英語の質問の他におすすめの通信教育はどこか?という問い合わせや、英語学習の通信教育をするにはどこが一番良いかの相談を受けることが多くなってきました。その時に通信教育の候補として出てくるのが「Z会」「進研ゼミ」「スタディサプリ」なんです。

 

そこで今回は「英語学習にどの通信教育を受けたらよいかわからない」「どれもよさそうなので迷ってしまう」のために、この3つの通信教育を徹底比較!ぜひ、しっかりと検討していただいて、これからの受験対策にお役立てください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタディサプリ

f:id:makocho0828:20171220174027p:plain

ターゲットユーザー:高校1~3年(メインは2、3年)

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服


「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供する通信教育サービスで、定期テスト対策から大学受験まで月額980円(税抜)~で、全国トップクラスのプロ講師陣の授業をいつでもどこでも見ることができるオンライン学習サービスです。この通信講座の売りは以下の通り。

① 5教科18科目1万本を超える講義動画がPC、スマホで見放題

② 全国140大学の大学過去問が最大3年分センター問題集が過去7年分ダウンロード可能

③ 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途購入もあり

④ スタディサプリ高校講座・大学受験講座の2つの講座が合わせて月額980円(税抜)年会費や初期費用も無料

 

このスタディサプリは質と料金のバランスが非常によく、「これから受験対策を始める」「参考書より授業を聞い他方が理解しやすい」などの要望を十二分に叶えてくれる良質通信教育アプリになっています。おススメ!



このスタディサプリ高校講座・大学受験講座を受ける前には必ず14日間の無料おためしを受けることをお勧めします。単に料金が安い、という理由で通信講座を選ぶと必ず失敗しますので、先ずはじっくり無料体験を受講することを強くおススメします。


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。



またスタディサプリは2017年9月に新たにTOEICテスト対策コースをリリース。今後の英語学習を見据えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。




参考までに

スタディサプリEnglish TOEIC対策コースがすごすぎる!今後のTOEIC学習のスタンダードになるか? | TOEICom

スポンサーリンク

Z会の通信教育

f:id:makocho0828:20171220175427j:plain




Z会はハイレベル難関大学を目指す受験生におススメできる通信講座です。東大・京大・早稲田・慶応などの難関大学をターゲットにしていますので、それなりの「学力」を要求されるのが特徴(目安は偏差値60以上)



このことからもわかる通り、この通信講座を受ける場合は基礎力がしっかり備わっていることが前提になっていますので見極めをしっかりすることが重要です。発展的な内容が多いので、基礎力も完成していないうちから取り組むと教材の問題に太刀打ちができないので注意してください。したがってこの講座を受けるには


① トップクラスの大学に受かりたい

② 基礎力が十分に備わっている(現在の偏差値60以上)

③ 難関大学特有の記述問題に触れたい



が重要ポイントと言えるでしょう。また③ですがZ会は添削サポートがついておりますので、毎回提出することで、難関国立大に必要な「記述力」を身につけることができます。料金等その他のポイントをまとめてみますね。


● 料金:5,600円(税込)から

● サポート:郵便

● 問題のクオリティがとても高い






▶ Z会の資料請求はこちらになります
幼児から高校生まで。Z会の資料請求受付中!

 

スポンサーリンク

進研ゼミ

f:id:makocho0828:20171220182813j:plain





非常に長い歴史がある「進研ゼミ」。それ故にその教材には定評があります。先ほどのZ会との違いは、Z会がハイレベルな教材を提供してくれるのに対し、進研ゼミは幅広い学力レベルに対応すべく、スタンダードな教材を提供してくれます。



そして「進研ゼミ」には「赤ペン先生」という添削アドバイスを受けることができ、国公立大学の二次試験で課される「記述問題」への対策をすることが可能になっています。



電話、チャット等を使ったサポート体制も充実していて教材質問、学習相談などをすることができるのも大きいですね。このサポートがあるからこそ通信教育であるにもかかわらず、継続しやすくなっているという特徴があるんです。


① 費用が安い(5,390円~

②対象偏差値が50前後~取り組むことができる



進研ゼミは公式サイトから「資料請求」をすることが可能で、教材などを見たい場合にはぜひ利用すると良いでしょう。


進研ゼミ公式サイトはこちらです
kou.benesse.co.jp


 

スポンサーリンク

通信講座は対象レベルで決める

 


ここからは細かく比較してみてみましょう。ポイントは料金が安いから、という理由で絶対に選ばないことです。



そもそも単純に「料金」という側面だけで見るのならこの中でスタディサプリが一番安いですが、進研ゼミ、Z会も大手予備校の費用と比較すると比較にならないほど安いです。したがって料金の高低がこの通信教育の選択にすることはそもそも意味がありません。




大事なのは自分のレベルをしっかりと把握して自分にあった通信講座を選ぶことです。そうしないとせっかく料金を払って受講したはいいけれど、難易度やその他の要因で長く続かないという現象が起こってしまいます。



この3つの通信教育のなかで一番入り口が広いのが「スタディサプリ」で、しかも対象レベルをこと細かく設定していますので、自分のレベルにぴったり合った講座を選ぶことができるのが大きいです。また講師による説明が詳しく丁寧ですので、その授業を聞きながら受講すると、大手予備校とそん色ないくらいのクオリティで勉強効果を上げることができます。またスマホを使った学習も今の高校生の現状を踏まえたシステムかなと高評価です。



Z会は一言でいうと「完全に難関大学志望向け」だということができるでしょう。したがって扱っている問題の難易度は非常に高いのが特徴ですが、ただ難しいだけではなく、問題の質が非常に高いことが特徴です。ですから真剣に取り組むと得られるリターンの部分が非常に大きいのです。難関大志望者のZ会に対する「満足度」が高いのも納得です。



進研ゼミはZ会に比べると難易度は「標準」。したがって最初に取り組みやすいのはZ会より進研ゼミでしょう。動画解説がついていますがあくまで「サブ教材」。基本は解説を紙面で熟読しながら進めていくスタイルになります。



「添削」を受けることができるのがZ会、進研ゼミの最大の「特徴」と言っていいでしょう。これがあるせいで、難関国公立大の「記述試験」対策をすることができるという点で、スタディサプリよりも一歩リードしています。


また「サポート体制」があるのもZ会、進研ゼミの特徴ですが、Z会のサポートは専用用紙に書いて提出するスタイルなので今一つ利便性に優れていないのがマイナスポイント。進研ゼミはネットや電話を使って相談が可能なので、この点ではZ会に一歩リードの感が否めません。これらをまとめるとZ会は自分で勉強を計画的に進めることができる人向けと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

体験授業も重要

 


上記のように自分に合うものはなにかを選ぶ際に、しっかりと「比較する」のは極めて重要な意味を持ちます。



なぜならあなたの人生は「一回こっきり」なのだから。



そのためにもしっかりと塾・予備校をしっかりと吟味し、後悔のないように心行くまでしっかりと検討することが大事になってくるんです。



とはいってもいったいどの塾・予備校で「体験授業」をしているのか情報収集をしっかりするのは大変なのも事実。そこで全国の予備校・塾の「体験授業」を情報をリアルタイムに把握できるサイトを見つけましたのでぜひご利用ください。


f:id:makocho0828:20171224000720p:plain


このサイトは全国の予備校・塾の体験授業情報を「簡単10秒検索」ですぐに検索することができるサイトなんです。つまり学習塾の「比較サイト」で、お住まいの地域と学年をただ選ぶだけ!もちろん体験授業の予約はすべて「無料」と、至れり尽くせりのサイトになっていて大変便利です。


このサイトのすごいところは、ただ体験授業の予約をさせるだけじゃないんです。お子様の成績状況や体験授業時の学習理解度を基に、個別指導の場合は専用の学習計画、集団指導の場合はレベルに合ったコースを提案してくれるというのはすごい!各塾の学習計画を把握することができるんです。


また、塾を選ぶ際に重要なことは料金を事前に把握することです。授業料以外の教材費なども含めた見積書を確認することも可能。サポート体制も万全です。


体験授業後に提案される学習プランを比較・検討し、お子様に合った塾を選ぶことで、成績アップが期待できます。


ぜひご利用ください。タウンライフ塾選びはこれから真剣に学習するあなたに心強い味方になるはずです!


【タウンライフ塾さがし】体験授業参加プログラムはこちら


スポンサーリンク

まとめ

f:id:makocho0828:20171222165146j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。最近はお手軽に学習することができる通信教育ですが、選ぶときには世間の人気だけでなく「自分に合っているかどうか」を真剣に考えたうえで決断することが重要になります。




ぜひ参考にしていただけたら幸いです。




ではまた。

勉強法・参考書英語に関する戯言・コラム
スポンサーリンク



まこちょをフォローする
まこちょ英語ブログ

コメント