読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

第27回英文解釈 : thanがあるから比較級!とリズムで省略だと!?を徹底検証してみた!

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161027174027j:plain

● ういっす、まこちょです。


さぁ~今回もいっちゃうよ~!

皆さんの頭に刷り込まれるような例文をセレクトです!

ぜひ前からぐいぐい押しちゃってちょーだい!

ではLet's「直読直解」!

本日のお題


【問題27】

① With most men the knowledge that they must ultimately die does not weaken the pleasure in being at present alive. ② To the poet the world appears still more beautiful as he gazes at flowers that are doomed to wither, at springs that come to too speedy an end.

う~ん、難しそうだね~(他人事)

[解説]

[①の文]

このthat節は「名詞節」?「形容詞節」?


●  With most men the knowledge... ⇒ most manとthe knowledgeが「つながってない」のは分かると思いますね。ここは、


<With most men> the knowledge(S)...


とこの時点でこのように捉えられている人、いいね!「最初に出てくる前に前置詞のない名詞は(S)になる」が身についている証拠。当然(V)を探す構えになっているはず。しかし、


the knowledge that they must ultimately die...


(V)を見つける前にthat節が。あわてちゃいけませんぜ。このthat節は関係代名詞節?それとも名詞節?いままでの修行の成果がここに!(笑)

dieは自動詞。したがってここで文がここで終わっていていいのだ!つまり、


「完全文」が後ろに続いている → thatは接続詞 → that節は「名詞節」→ 前の名詞と「同格」の関係 →「~という」と訳すと頭の中が一瞬でめぐり、


the knowledge(S)= [that they must ultimately die] does not weaken(V)...


と後ろのdoes not weakenを見つけられた人、お見事です!
訳「たいていの人には、自分たちは結局死ななければならないという知識は...を弱めることはない」


この箇所は今までの復習の「総合デパート」のような問題で以下の記事が参考になるかと思います!.
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

つづいて、


...the pleasure in being at present alive


at presentは「現在」the pleasure in being alive「生きている喜び」です。

①の訳「たいていの人にとって、自分たちは結局死ななければならないという知識は、現在生きているという喜びの度合いを弱めるということではない」


[②の文]
● To the poet the world appears still more beautiful...⇒ ①の文を似たよーな出だしでスタート。To the poetを<  >でくくり、


<To the poet> the world(S) appears(V) still more beautiful...


と見つけていくのは難しいことじゃない。stillは比較級 moreを強調する語だ。それよりも重要なことがある!

何と何を比較してるの?


moreは比較級なのはわかる。でもthan以下がないよね


あ、そういえば思い出したように言うけど、比較級はthanがあって初めて「比較級」になれるってのは知っておこうね。


よく「比較級があるからthanがあるんだよね」っていう人いるじゃない?あれ逆だから。

「thanがあるから前に比較級がある」んだ!

だからこの文、比較級のmoreがあるくせにthanがない「異常事態」になっていることは注意しような。

つまりthan以下が「省略」されているのさ。

thanが「省略」される時はこんな時だ!


何でもかんでも「省略」できるわけじゃない。英語は「省略」される時っていうのはある「ルール」にしたがって「省略」されるのだ。

そのルールとはこれだ!

【thanが省略されるとき】

① than以下が「書かなくても明白な時」
② than以下がnow → 「今より」
 


ここでは、than nowが「省略」されているんだね。訳出は特にしなくていいけど、「thanがない」っていう意識は重要です。

等位接続詞がなくたって...?

● as he gazes at flowers that are doomed to wither, at springs.... ⇒ asは後ろにS+Vと続いているから「接続詞」接続詞のasは用法がたくさんあるので、まずは「時・理由」から疑っていくといいよ。ここでは「時」。


接続詞asの迎え方がまだ甘かった人!なんとこんな記事まであったのだ!
www.makocho0828.net



he gazes at flowers that are doomed to wither


flowers以下にまたthat節。いかにthat節の見極め方が重要かわかるというものですね。

that以下、areの主語(S)がないのでこのthatは「関係代名詞」that。前のflowersにかけよう。be doomedは「運命づけられた」witherは「しぼむ」だ。


as he gazes at flowers ⇐[that are doomed to wither]

訳「しおれる運命にある花を見ると」

つづいて、

.. as he gazes at flowers... , at springs...


これは何?って思った人、当然だね。だって通常はこう書くから。


.. as he gazes at flowers... ,and at springs...


そう、英語は通常、等位接続詞でつなげなければならないところを「リズム」の方を重要視してこのようにand等をわざと「書かない」ことがあるのだ。

これ、andをつけると楽でしょ?andの後ろはat springs。前と同じ個所を探して、


.. as he gazes at flowers... ,and at springs...

と容易に見つかるもんね。したがって訳は「花と春を見つけると」だ。

springs以下もthat節。やはり関係代名詞のthatだ。come to an end「終わる」

②の文訳「詩人にとってはやがてはしぼむ運命をもった花や、あまりにもはかなく過ぎ行く春を眺めるとき、世の中がいよいよ美しく見えるのである」


さて決まった!今回の全体訳はこれだぜ!

全体訳「たいていの人にとって、自分たちは結局死ななければならないという知識は、現在生きているという喜びの度合いを弱めるということではない。詩人にとってはやがてはしぼむ運命をもった花や、あまりにもはかなく過ぎ行く春を眺めるとき、世の中がいよいよ美しく見えるのである」

まとめ


さて、今回はいかがだったでしょうか?今回のポイントは、① that節の識別 ② asの接続詞の処理 ③ thanの省略 ④ 等位接続詞の省略です。

なかなか骨太の問題でした!


以上です。どんどんグレードが上がりますのでよろしくね!
意味をつなげるだけじゃ英語は読めない。解決法はこちら

第28回英文解釈はこちら
www.makocho0828.net

こんな記事もよく読まれています!
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net