まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

WhyとHow comeの違いとは?なぜ「語順」が変わるのか徹底解説します!

★★お知らせ★★

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20180115181222j:plain


この記事を読むと
WhyとHow comeの違いが分かります。



● こんにちは、まこちょです。



英語で「なぜ?」を表す表現といったらまずはwhyが頭に浮かびますよね。中学1年生の最初の方に学習する疑問詞の表現です。




ところがこの「なぜ」の意味をかます表現がもう1つあったりします。それがHow come。よく高校英語でもWhy~?=How come~?といった書き換え問題として出題されたりしますね。



ところが先日、この件についてある生徒から質問があったんですよね。




「先生、Why~?と書き換えでHow come~?にする問題あるじゃないですか?普通「疑問詞」の後ろって疑問文の語順になると思うんですが、なぜHow come~?の~の部分は疑問文ではなく「平常文」の語順になるんですか?」




というもの。これ、どういう意味だか分かりますか?



通常Why~?に限らず疑問詞で始まる文は、疑問詞の後ろに続く文が「疑問文」になるのが普通です。例えば



Why is he angry?

「彼はどうして怒っているのでしょうか」



の文はwhyの後ろの文が疑問文の語順になっていますよね。ところがこれをHow come~?で書き換えると




How come he is angry?



he isの語順(平常文)で表現するんです。これって確かに不思議ですよね?



そこで今回は、なぜHow come~?のときは後ろの文が平常文の語順になるのか、またWhyとHow comeの微妙なニュアンスの違いについて徹底解説します。



実は試験で結構問われてしまうこの点、ぜひマスターしてくだされば幸いです。

How comeのもともとの形


じつはこのHow comeは後ろの形の【一部】が省略されています。もともとの形はhow did it come about that S+V~?でけっこう長いんですね。例えば




How come he told a lie?
「なぜ彼はウソをついたの?」




ですがもともとは、




How did it come about that he told a lie?




で赤い部分が省略されているんです。このit「仮主語」で、that以下の箇所が「真主語」。もともとは「どのようにしてthat以下が生じるのか?」と訳すんです。


仮主語構文について深く学習したい人はこちらの記事がおススメです
www.makocho0828.net



つまり私たちが通常見ているHow come~?の部分はthat節の後ろのS+Vだったんですね。

Why~とHow come~の微妙なニュアンスの違い


英語は今回のパターンに限らず、文章を省略して述べる言い方は「カジュアル」表現になるのが普通です。まぁよく考えたらフォーマルな文章というのは、正確さが大事ですから基本的に「省略」の表現を使いませんよね。



そういう意味ではフォーマルの場面ではwhyを使った方が無難であるということも分かります。


またHow come~?の方は、先ほどの訳「どのようにしてthat以下が生じるのか?」の意味でもわかる通り、「え!なんで?」といった驚きの表現が含まれています。自分が想定していた事と違くてビックリしたときに使うのがHow come~?の表現であることは覚えておきましょう。



まとめると


● How come ~? 

⇒ カジュアルな場面で 、びっくりしたときに使う


※必ずしも「理由」を求める表現ではない


● Why~?

⇒ 「理由」や「目的」を知りたい時に使う。フォーマル、カジュアル両方で




Why are you studying English?
「なんで英語を勉強しているのですか?」



How come I’m so tired?
「なんでこんなに疲れているんだろう?(一人で呟いている)」

まとめ

f:id:makocho0828:20180115181403j:plain



さて、今回はいかがだったでしょうか?WhyとHow comeはよく書き換え問題で問われますが、一概に機械的な書き換えと考えているとひどい目にあう典型的な表現です。ぜひ形とニュアンスの両方からしっかりと理解してくださいね。




ではまた