まこちょ英語ブログへようこそ

英作文の添削は手を抜かないように!

詳細はこちら

名詞節のwhether節とif節の違いとは?この使い分けだけでごはん3杯はいける!

やさしく語る英文法
 
この記事を読むと
名詞節のif節とwhether節の使い分けが分かります。

 

● みなさんこんにちは、まこちょです。

 

以前このサイトでwhether節とif節の訳し方について記事を書かせていただいたことがありました。

 

参考までに
www.makocho0828.net

 

おかげさまでたくさんの読者の方に読んでいただきまして本当に感謝です。ありがとうございます。

 

ところが先日、私の生徒からこのような質問を受けたんですよね。

 

 

「先生、If節もwhether節も、名詞節の場合「~かどうか」って訳しますよね?ということはこの二つは書き換えができるということでいいですか?」

 

というものです。



なるほど、これは一度くらいは疑問に思う点ではありますよね。

 

なぜって両方とも「名詞節」で意味は「~かどうか」、とくればif節=whetehr節と考えるのは当然だと思うんです。

 

もちろん名詞節if節whether節【厳密】には「=」ではありません。

 

つまり名詞節のif節とwhether節は「使い分け」をしなければいけないということです。

 

というわけで本日はこの二つの節をうまく使い分けてみようと思います。意外と入試で問われるポイントですのでしっかりと理解してしまいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

① if節は主語(S)になれない

この2つの節の違いを一言でいうと、「if節はwhether節に比べて用法が制限される」とまずは押さえておくと良いでしょう。したがってwhetehr節ではokだがif節ではNo!の場合があるということなんです。



今回も主語(S)の場合もそう。if節主語(S)として使うことができないんです。




Whether he will succeed depends upon his efforts.
「彼が成功するかどうかは彼の努力次第である」



whether節主語(S)になれるので、上記の使い方は問題ありません。ですが、



× if he will succeed depends upon his efforts.



if節主語(S)にしてはいけません。




ということはもしIf…Ifからスタートした文があった場合、この時のIf節は必ず副詞節「もし~ならば」と訳すことになりますね!

スポンサーリンク

② If節は補語(C)になれない

これもよく問われる箇所。補語(C)の場所にif節は使えません。


The problem is whether he will agree with us.
「問題は彼が我々に賛成するかどうかだ」


× The problem is if he will agree with us.

スポンサーリンク

③ 前置詞の後ろにif節は置けない

前置詞の後ろには「名詞相当」を置くことになるのですが、if節はダメなんです。なかなかif節君は不自由な生き方を強いられますね(笑)



I’m worried about whether(×if) they will do well.
「彼らがうまくいくか心配だ」

 

スポンサーリンク

④ or notはifのすぐ直後に置けない

さて今回の違いで一番誤解を生じやすいのがこれです。



or notwhether節と一緒に使うと教わっている方もいらっしゃると思いますが、それはor notwhether節【すぐ後ろ】に来た場合です。例えば、




I still haven’t decided whether or not I will go there.
「まだそこに行くか決めていない」




この文はwhetherのすぐ後ろにor notがありますよね。この時はwhether節のみでifは代わりに使うことはできないんです。したがって以下の文は誤り。



× I still haven’t decided if or not I will go there.




ところがor notがすぐ後ろに来ていない場合は【ifは使える】というのは意外に盲点だったりします。よく難関私立大学の正誤問題で出題されたりしますので注意しましょう。



I don’t remember if(whether) that arrived or not.
「それが届いたか覚えていない」



これ、結構質問が多いんですよね。

スポンサーリンク

⑤ ifの後ろでto不定詞は使えない

このパターンも多いです。whether to V「Vすべきかどうか」がokなので、ついif to Vもいけるかな?と思っちゃうんですよね。ダメです(笑)



I can’t decide whether to go to the hospital.
「私は病院に行くかどうか迷う」


× I can’t decide if to go to the hospital.

 

スポンサーリンク

⑥「同格表現」にif節は使えない

この「~かどうか」の表現は前の名詞(ほとんどがquestion)「同格」の関係を作ることができ、the question whether~「~かどうかという問題」と表現することができます。この場合、if節で作ることはできません。


There remains the question whether he will be elected in the election.
「彼が選挙で選ばれるかどうかという問題が残っている」



× There remains the question if he will be elected in the election.

 

スポンサーリンク

まとめ

f:id:makocho0828:20170510180131j:plain

今回のif節とwhether節の違いを表にまとめてみました。こうしてみると何かとif節は不自由ですね。おいそれとwhether節とif節は書き換えできないことを理解していただけると幸いです。
 
 
 whether S+Vif S+V
文の主語(S)×
文の補語(C)×
前置詞の後ろ(前置詞のO)×
直後にor not

×(直後でなければOK)

後ろにto不定詞×
同格表現×

さて今回はいかがだったでしょうか。このようにif節whetehr節は、意味的には同じなのですが、使い方はかなり異なるということを覚えておくと良いでしょう。



ではまた。

もしも英語で悩んでしまったら下の絵をクリック!
またブログをメールで購読したい人は!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

やさしく語る英文法
スポンサーリンク



まこちょをフォローする
まこちょ英語ブログ

コメント