【必見!】夏休みの長期学習計画で絶対やってはいけないこととは?
詳細はこちら

evenの省略が起こる構文パターンはこんなにある!絶対に押さえるべきポイントはこれだ

やさしく語る英文法

この記事は

 

「いつものように英文を和訳してみたんだけど、なんか今一つ訳がしっくりこない…、これはわたしの和訳技術が悪いのでしょうか?それとも何か補わなければならないのでしょうか?」

と疑問に思った英語学習者に向けて記事を書いています。

 

● みなさんこんにちは、まこちょです。

 

 

英語を読んでいると、正確に訳したはずなのになぜか今一つ和訳が合っている気がしない時があります。

 

 

そういう時というのは、決してあなたの和訳技術が未熟であるというわけではなくて、英文に「何か」が起こっている可能性が大です。例えば「省略」があったりね。

 

 

例えば以下の英文なんですが、これって普通はこんな風に訳したりすると思うんですよね。

 

 

The wisest man makes a mistake.

「最も賢い人は間違いを犯す」

 

 

そして訳し終えた後で、ひと呼吸置いてこう思うんだ。

 

 

はぁ!?

 

 

いや、そうじゃないですか。だってこの英文って「最上級表現」が使われているんですよ?だから「一番賢い人」って訳したんです。

 

 

そんな賢い人が「間違える」って…何だこの英文??って思ってもしょうがないじゃないですよね。

 

 

そう、こんなときなんです。「なんか俺って重要なことを忘れているのでなないだろうか?」と思うのは。

 

そこで今回は「おや?」と思ったらこの可能性を考えてみよう!ということで筆頭に上がるevenの「省略」について徹底解説します。

 

英文を解釈したときになんかしっくりこないな、と思ったらevenの省略について考える癖をつけておきましょう。種類はそれほど多くないのでしっかりと身につけることができると思われます。

 

この記事を読了すると以下の点で、あなたの英語力は向上します。

 

evenが省略されている英文の種類が完全にわかる

 

スポンサーリンク

evenを補ってあげるとピタっと決まる英文一覧

このevenの省略は思った以上にやっかいで、知らないととんでもない英文の訳になるのが特徴です。以下の構文をしっかり押さえておきましょう。

 

最上級の前のevenの省略「どんな~でも」

まずは、先ほどの最上級の例文がそうですね。最上級の前のevenは省略される場合があることは絶対に押さえておきましょう。

 

といいますかこの「最上級のevenが省略される」事実を知らないと、和訳がとんでもない意味になりますので注意が必要です。

 

(Even) the wisest man makes a mistake.

「最も賢い人でも間違いを犯す」

 

なるほど、evenをおいて訳しなおすとしっくりした和訳が出来上がりますね。

 

Even the cleverest person makes errors.

「最も賢い人でも過ちを犯す」

Even the best swimmer sometimes gets drowned.

「かっぱの川流れ」

(引用:weblio英和辞典より)

 

Even if / Even thoughのevenの省略「たとえ~でも」

これもよくある省略です「たとえ~だとしても」のevenも省略できることは押さえておきましょう。

 

Even)if it rains, I’ll go out tonight.

「たとえ雨が降るとしても、私は今晩出かけるつもりだ」

 

 

この英文ですが、もしevenが省略できることを知らなかったとしたら、

 

「もし雨が降ったら、私は今晩出かけるつもりだ」

 

となり、通常のとは少々ニュアンスの違う和訳が出来上がってしまいます。以下の例文なんてすごいですよ。まったく意味が変わってしまいますからね。

 

(Even) If I were rich, I would not give money to him.

(○)「たとえ私がお金持ちだとしても、彼には金をやらない」

(×)「もし私がお金持ちなら、彼には金をやらない」

(引用:英語学習BOXより抜粋)

 

thoughとalthough、even thoughの違いについては以下の記事を参照してください。

thoughとalthough、even thoughの違いとは?2つの違いをしっかり使い分けよう!
...

 

when節の前のevenの省略「~の時でさえも」

when節の前にあるevenも省略される場合があります。

 

というか、ここまでの例文を見たらわかる通り、【明らかに「譲歩」表現と分かる英文はevenが省略される】傾向がありそうですね。

 

It’s cool (even)when it’s summer.

「ここは夏であっても涼しい」

 

これもevenの存在が分からなかったらすごい訳になりますよね。「夏のときは涼しい ⇒ 夏は涼しい」であり、矛盾しまくりです(笑)

 

The heat didn’t ease (even) when the sun went down.

「日が沈んだけども、暑さは和らがなかった」

 

譲歩表現とはいったい何?と思ったら以下の記事が参考になります。

「譲歩」を表す副詞節はこんなにある!その用法をわかりやすく徹底解説してみた
...

 

afterの前のevenの省略「~の後でさえも」

最後にafterの前のevenの省略パターンについてご紹介します。これも知らないととんでもない訳になる可能性が(笑)

 

He doesn’t reconsider (even) after being warned.

「彼は注意されても反省しません」

 

これもevenの省略に気づかずに「譲歩」のニュアンスがなくなってしまうと、「彼は注意されて反省しない」という意味になります。どれだけ「革ジャン反抗期」なんでしょうか(古い?)

 

Stay alert (even) after you gain the cherry tree.

「桜を手に入れたと油断するな」

 

あとがき

今回は譲歩表現のevenが省略されたケースをご紹介しました。

 

 

特に今回の例でいったら、最上級とifの前のevenの省略は入試頻出ですので、ぜひマスターしてくださいね。また会いましょう。

やさしく語る英文法
まこちょをフォローする



まこちょ英語ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました