【無料】で英作文を添削?最高じゃない。
詳細はこちら

5文型の基礎はこれで完璧TOEIC学習SVOCを徹底解説!

大人のやり直し英文法

 
 
この記事を読むと
英文の基礎!5文型について分かります

 

● いつもありがとうございます、まこちょです。

 

みなさん、TOEICの勉強ははかどってますか?

 

前回、TOEICの、というより英文を構成する品詞としてとても重要な「名詞」について学習しました。

参考までに

▶  英文中の名詞の役割とは?最重要品詞をしっかり押さえる!

 

前回もちょっと触れましたが、TOEICの文法問題は「重箱の隅をつつく」ような文法問題は出題されません。そんなことをみなさんに聞いても意味がないからなんです。

 

そんかことよりも、ビジネスとして実際に英文を使う際、絶対に身につけていなければならない文法の「基本」について聞いてくるのがメインになっているんです。

 

例えば、PART5,6の問題は四択問題なのですが、設問で間違った箇所 = 実際にビジネスメール等で間違う可能性のある箇所と、あくまで実際に英語を仕事で使って、支障の出る箇所しか聞いてこないのは言えると思います。

 

でもそりゃ当然だよね。仕事に直結する箇所を問題に出さなけりゃTOEICなんて価値ないじゃない。

この辺が大学入試と違うところだよな!

 

そういった意味で、やはり文法問題、PART5は確実に正解ができるようしなけりゃいけませんよね。

スポンサーリンク

英文の5つの型とは?

これも既出ですが、動詞には「自動詞」と「他動詞」2つあります。これも非常に重要なことなんです。

 

動詞の種類よって、英文は5つの型に分かれます。主語=S、動詞=V、目的語=O、補語=Cといった記号を使って英文すべてを説明することができます。ちょっとまとめてみましょう。

 

【英文を作るもの】

主語(S) ⇒ 必ず名詞

動詞(V) ⇒ 他動詞・自動詞の2種類あり

目的語(O) ⇒ 必ず名詞

補語(C) ⇒ 名詞形容詞

 

もちろん、実際にはもっと細かいのですが、これだけでも相当あることが分かります。

 

この中で一番重要なのは動詞(V)。なぜか? これが出てこない英文は存在しないからなのです。

 

そして次に重要なのが「名詞」。なぜってほとんどすべての要素に絡んでいるんですよ、非常に重要です。

 

そう、英文中に名詞が出て来た場合、必ず何らかの「役割」を与えられているんです。名詞がそこにぽつんとあるなんてあり得ない。

 

この点を意識するのはTOEICでは非常に重要ポイント。なんせTOEICっていうのは「現場主義」ですからね。

 

現場(ビジネス)で即ミスに直結するような箇所はさすがに見逃しません。

 

正確に、誰もが違和感なく英文を読めるか?誰が見ても不自然な英文ではないか?がTOEICでは重要なんです。ですからこれから話す5文型の知識は絶対にTOEIC攻略には必要なんです。

 

覚悟を決めなきゃね。文型を理解することはTOEICでの最重要ポイントですよ!

 

フィーリングで読んではダメなのかよ!辛すぎるぜ…

 

5文型のパターン

どんなに長い文章でも、必ず次の5つの型に入ることに注意しましょう。

【5文型】

① S+V

② S+V+C

③ S+V+O

④ S+V+O+O

⑤ S+V+O+C

 

ざっと見ただけでちょっとした特徴がありますね。よく見ると第1文型意外は動詞の後ろにO、つまり「名詞」が来ることが分かりますよね。(Cは形容詞の場合もあります)

 

つまり動詞の後ろに何かあったらそれは名詞だということになりますよね。

 

このことが分かっていると、以下のようなTOEIC問題など、瞬殺できることに気づいてください。

 

例 The service department has received (       ) about the new product.

① complain
② complaining
③ complainer
④ complaints

 

この英文の動詞はhas received。その後ろに(     )というシチュエーションです。

 

先ほどの5文型の形を思い出してください。動詞の後ろにもし何かがが続くとしたら「名詞」しかなかったですよね。

 

細かい例外事項なんてものはたくさんあるのですが、基本的な考えはそうです。またreceive他動詞で、後ろには「名詞」が続かざるを得ない、という考えでももちろん構わないのです。

 

そしてたったこれだけで選択肢を特定することができるなんて実は楽なんです。もちろん私たちのターゲットは「名詞」ですよね。

 

①のcomplain動詞 ②のcomplaining「動名詞」または「分詞」③、④は「名詞」

 

-erで終わる「名詞」は「人物」を指すのでしたね。ということは「数えられる名詞」ということになります。つまり「冠詞」が必要というわけじゃないですか。

 

したがって答えは④のcomplaitsが正解と分かるわけです。

訳「サービス業は新製品に関して苦情を受けた」

自動詞・他動詞の知識も重要

もう一ついきましょうか。

 

例 The company celebrated their (      ) with a dinner at a hotel.

① achieve
② achieving
③ achievable
④ achievement

 

やはりcelebratedは動詞の過去形。したがって(       )には名詞が来ることになりますよね。theirなどの「所有代名詞」というのは名詞について初めて生きるんです。

 

①のachieveは動詞 ②のachievingは「動名詞」か「分詞」③のachievableは「形容詞」④のachievementが「名詞」となります。

訳「会社は彼らの業績をたたえてホテルで宴会を行った」

 

あとがき

さて今回はいかがだったでしょうか。今回の5文型は非常に重要なポイントになりますので、ぜひ今後の英語学習にお役立てください。

 

また会いましょう!

 

大人のやり直し英文法
もしも英語で悩んでしまったら下の絵をクリック!
まこちょをフォローする



まこちょ英語ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました