まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

動名詞の意味上の主語はこう表現する!主語がないときの理由とは?

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170715115709j:plain

この記事を読むと
動名詞~ingの意味上の主語のつけ方が分かるようになります



● みなさんこんにちは、まこちょです。



英文法の単元に「動名詞」ってありますよね?この単元を学習すると必ず生徒からある質問が飛び出すんです。それは、



「動名詞の意味上の主語ってなんですか?」



「どうやって意味上の主語を書けばいいんですか?




というもの。




「意味上の主語」に関しては以前こちらの記事で紹介したことがあります。


参考までに
www.makocho0828.net




動名詞だって元は動詞です。Vingと表示しますからね。このVが元は動詞ですから当然主語(S)があるわけですよ。


まずはここをポイントとして押さえておきましょう。

動詞には原則主語(S)が必要

ポイントはやっぱり「表示方法」。ちょっと例文見てみましょう。



例① I enjoyed playing tennis.

「私はテニスをして楽しんだ」




このplaying「動名詞」playing tennis「動名詞句」を作ってます。



動名詞の主語(S)も不定詞のときと同様、Vingの直前に主語(S)を置くわけなんですが、この例文見たところVingの前に主語(S)らしきものがありませんね。もちろん偶然じゃないですよ。



それはこんなルールがあるからなんです。




● 動名詞の意味上の(S) の書き方
目的格・所有格 + Ving



I / my / me / mine でいうなら動名詞の主語my(所有格)me(目的格)で書きなさいということですね。

意味上の主語がないのは偶然じゃない

ところが一見して~ingの前に「意味上の主語」がない場合があります。もちろんただ何となくつけていないのではありません。



主語をつけない場合にもしっかりとルールが存在するんです。



● 動名詞の意味上の(S) がない場合
① 全体の(S)と同じ
② 誰でもいい「一般人」
③ 全体の(O)と同じ


この例文だってplayingの前に主語(S)がないのは、全体の主語「I」と同じだから書いてないわけ。



I enjoyed playing tennis.



この文では「enjoyしている人」「playing tennisをしている人」がともに「I」です。だからplayingの前に主語me /myで表現していないんですね。tennisをしている人が「I」でなかったら、



I enjoyed his playing tennis.
「私は彼がテニスをするのを楽しんだ」


と必ず意味上の主語を書かないといけません。

He enjoyed his playing tennis.は間違いか?

先日生徒から



He enjoyed his playing tennis.」は主語が全体の主語と同じなのに書いてある、おかしい」



と質問が来ました。




いや、間違ってないです。この文は動名詞playingの前にhisと主語が書かれていますよね。と、いうことは...?




動名詞の意味上の(S)を書かない場合はちゃんとルールにそって書いてないわけだから今回は書いているのでこのHeとhisは【別人】ってことなのでしょう。

本日の練習問題


[練習問題] 各文を和訳しなさい。また、各文の動名詞の意味上のSを指摘しなさい。
(1) Reading English books is fun.
(2) Do you mind opening the window?
(3) Do you mind my opening the window?
(4) He is proud of his father having a Benz.
(5) We punished him for being late for the important meeting.






【解説】

(1) Reading English books is fun.

訳「英語の本を読むことはおもしろい」

[Reading English books] is fun.



Reading動名詞(is のSになっているので)Readingの前に意味上のSがないですね。それは意味上のSが「誰でもいい一般の人」だから書いてないのです。




(2) Do you mind opening the window?

訳「窓を開けて下さいませんか」
 

Do you mind [opening the window ]?



[ ]mindOになっています。したがって動名詞

openingの意味上のSがないのは【全体のSと同じ】だから書いてないということ。つまりここではと同じということだね。

ちなみにmindの意味は「気にする」「あなたは窓を開けるのを気にしますか」が元々の意味になります。




(3) Do you mind my opening the window?
訳「窓を開けてもよろしいでしょうか」


(2)と似ていますが、今度はopeningの前に意味上のS = myがあるね。つまりopen主語(S)は「私」。

直訳は「あなたは【私が】窓を開けるのを気にしますか」の意味。myではなくて目的格のmeで表記してもokです。


Do you mind [【my】 opening the window]?



(4) He is proud of his father having a Benz.

訳「彼は父親がベンツを持っていることを自慢している」

He is proud of [his father having a Benz]


ofが前置詞ですのでhaving「動名詞」my fatherhavingの意味上のSになっています。

his father’s (所有格)と表示しても問題なし。



(5) We punished him for being late for the important meeting.

訳「私たちは重要な会議に遅刻したことで彼を罰した」


この問題はちょっと難しいですね。


We punished him for[being late for the important meeting].


for が前置詞なので [ ] は名詞句beingは動名詞。beingの前に意味上のSがなし。では意味上のS = 全体のS(ここではWe)なのかというとそうではないんです。

beingの意味上のSは全体のO=himなのだ

これは全体のVが「責める・誉める」の意味「責める・誉める + 人 + for 原因」の構文の時【だけ】起こる、まぁ例外事項ですね。

praise =誉める scold = 叱る などはこの形になります。


まとめ

f:id:makocho0828:20170715115432j:plain




さて、今回はいかがだったでしょうか?こうしてみるとto不定詞のときは「for A」を前に、動名詞のときは「所有格・目的格」を前にと、ルール自体はシンプルと言えますけど、最初は「使い分け」ていくのは若干大変ですね。頑張っていきましょう!




ではまた。



合わせて絶対読んでおきたい