英語学習で波に乗る方法とは?
詳細はこちら

挑戦状:不定詞「タフ構文」の入試問題を攻めてみよう!

入試英文法【単元別】

f:id:makocho0828:20170529220430j:plain

この記事を読むと
不定詞の「タフ構文」の問題解法が分かります。


● こんにちは、まこちょです。



今回の大学入試問題は「不定詞」をテーマに取り上げてみたいと思います。



不定詞は用法が多いせいか苦手にしている方が多くいらっしゃいますね。それはおそらく不定詞はto+動詞の原形「名詞」「副詞」「形容詞」のそれぞれの働きがあり、識別しなければならないので、頭の中が混乱するのが要因かと思うのです。




とくに今回の取り上げる「タフ構文」の問題などは、ますます受験生を戸惑わせる箇所で有名です。



この不定詞の「タフ構文」は実はこのブログでもテーマとして取り上げさせていただいたことがあります。ぜひ今回の問題に取り組む前に一読していただけたらなと思います。


参考までに
www.makocho0828.net



では入試問題、取り組んで見ましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日の問題


【問】(    )の中に適切な語句を入れなさい

(1) This book is easy enough for them to ( ).

① reading
② read it
③ be read
④ read


(2) This river is dangerous to ( ) in July.

① being swum
② swim in
③ swim
④ swimming


(3) 彼と一緒に働くことはできない

He is impossible (    ) (     )(    ).


(4) I have discovered the word which is difficult ( ) in a dictionary.

① to find
② being found
③ to be found
④ find it



さていかがでしょうか。どれもこれも受験生が苦手意識を持つ問題になっています。ぜひ攻略して、今後の学習に生かしてください!


【解法】

問1
This book is easy enough for them to ( ).

① reading
② read it
③ be read
④ read

スポンサーリンク

タフ構文⇒ to V の後ろは名詞が入る場所が一か所空いている


この問題はeasyという形容詞が使われていますよね。



このような形容詞はIt is 形容詞 …の形で使うことをまず「知っている」ことが前提となっています。



したがって



This book is easy…



ItではなくThis bookで始まっているこの文にまずは「違和感」を感じるところを受験生は求められているんです。



そう、この文は本来のeasyの使い方ではありえない形になっている、ここからがこの問題の解法のスタートです。



This book is easy enough for them to



このtoはIt is 形容詞 toですから不定詞のtoであることは明白、後ろには「動詞の原形」が来ます。



したがって①はまず選択肢から外れることが分かりますね。その他の選択肢はすべてreadがらみですから、



This book is easy enough for them to read



と考えられます。this book「タフ構文」で、本来はto Vの後ろにあったという事実を知っている方は、



It is easy enough for them to read this book.



となっていたことが分かるはずです。答えは④が正解。②のようにread itにしてしまってはthis bookの帰る場所がなくなってしまいます。タフ構文はtoV以下に名詞の入る場所が1つ空いていることが条件なのです。


問2
This river is dangerous to ( ) in July.

① being swum
② swim in
③ swim
④ swimming

スポンサーリンク

Vは「自動詞」か「他動詞」か?



This river is dangerous to...




dangerousが光っています。この形容詞も先ほどのeasyと同じ、It is dangerous to Vの形で使うのがデフォなのです。したがってThis riverは本来はto Vの後ろにあったことが推測されます。もちろんtoの後ろは動詞の原形ですので、



It is dangerous to swim this river in July.



となっていたのが分かりますよね。すると答えは③に見えますがちょっと待ってください。



swim「自動詞」で後ろに直接名詞を置けないのです。


自動詞と他動詞とは?参考までに
www.makocho0828.net



そうthis riverswimの後ろに置くにはこうなってないとまずいですね。



It is dangerous to swim in this river in July.



これならバッチリですね!答えはが正解。in julyinに騙されないようにしましょう!


問3
彼と一緒に働くことはできない

He is impossible (     ) (    )(    ).

スポンサーリンク

人を主語に取れない形容詞



impossbleもやはりIt is impossible to Vで使います。特に「人を主語に取れない形容詞」はしっかり身につける必要があります。



したがってHeは本来はto Vの後ろ。



It is impossible ( to ) (  V  )( him ).



となることが推測されます。「働く」はworkですから、Vのところにはworkが入りますが、work「自動詞」なので後ろにhimを直接置くことができません。そう、先ほどの(2)と同じパターンですね。


「彼と(いっしょに)働く」にふさわしい前置詞はwithが適当だと分かります。


答えは


He is impossible ( to  ) ( work )( with ).


問4
I have discovered the word which is difficult ( ) in a dictionary.

① to find
② being found
③ to be found
④ find it

スポンサーリンク

関係代名詞との複合問題も考え方は一緒

最後の問題もタフ構文なのですが、関係代名詞との複合問題になっています。ですが考え方は今までと全く同じです。



I have discovered the word which is difficult ( ) in a dictionary.



関係代名詞whichの先行詞はthe word。したがってisの主語はthe wordということが分かります。つまり、




The word is difficult ( ) in a dictionary.




It is difficult to Vの形で使うことが分かっているみなさんは当然the wordの本来の場所はどこ?と思うはずです。そう動詞findの後ろだったのです。



It is difficult to find the wordin a dictionary.



の形が想像できた方は答えが分かったはずです。①が正解

スポンサーリンク

まとめ

f:id:makocho0828:20170529220511j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。この「タフ構文」がらみの問題は入試問題の常連です。ぜひモノにしてみてくださいね!



ではまた



合わせて読みたいこんな記事があります。
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net

【まこちょからお知らせ】:あなたの英語の疑問を当ブログで解決しませんか?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして本当にありがとうございます!当ブログ運営管理人まこちょです。

 

もともと当ブログは、実際に受験の現場で、私が生徒から受けた英語に関する質問事項を、他の生徒とともに共有するために立ち上げたものでした。

 

したがって当ブログは、ご存知の通り、限りなく【実際の私の授業形式そのもの】で執筆しています(ちなみにこれを私はTeaching Like Talking(TLT)と勝手に命名しています。はい、言いたかっただけです、すみません)

 

最初は本当に身内だけが閲覧しているごく小規模なブログだったのですが、意外なことに、たくさんの読者に見ていただけるようになったのは正直びっくりしています。そしてさまざまなご意見を全国の受験生、英語関係者からいただいたりして、本当にありがたい、というかひょっとしたら一番英語の「得」をしているのは他ならぬ「私」だな!なんて内心ほくそ笑んでいたりしているのは内緒です(笑)。

 

当ブログは生徒の英語に関する疑問を吸い上げて、それをなるべく分かりやすく、簡潔に解説することをモットーにしているのですが、最近、コメントなどで「○○について解説してくれませんか?」「英文法のこの辺をもっと簡単に掘り下げてくれないだろうか?」等のご意見をいただくことが多くなってきました。

 

そういったコメントをいただくたびに、私のような受験現場にたずさわっている者でも気づくことのできない英語の疑問・質問などに気づかせてくれて、本当にありがたいなぁと毎日思っています。ほんとに貴重なんですよ、受験生や英語学習者の生の声って。

 

そこで、全国に散らばっているであろう受験生や英語学習者の「心の叫び(大げさ?)」を当ブログでもっと積極的に解決できないかと考えるようになりました。

 

あなたの英語の疑問(何でもok)を、私が当ブログの記事にして解決します!!

 

ぜひ、素朴な疑問を私・そして他の読者とともに共有できたらと考えています。どしどし応募してください。

 

いちおう最低限のルールを決めておきますね。

 

  1. 質問は下の「コメント欄」について受け付けます。もちろん個人情報等が漏れる心配はございません。
  2. 英語についての疑問・質問に限ります(まこちょについて聞きたい!はNG)。
  3. 誹謗中傷等のコメントはご勘弁を。
  4. あなたの疑問を当ブログで記事にしますので、当然内容が他人に見られます。この点がokな人に限ります。
  5. まこちょ英語ブログの「新カテゴリ」についてもご意見ください。「前置詞についてやってくれ!」「マーチ英文法を攻略してくれ!」なんてのもok。

 

以上です。最近質問事項がどんどん増えてきていますので、なかなか採用されないかもしれませんがそれはご了承ください。あなたの英語の質問・疑問が、全ての英語学習者(そして私もね)をより強くする!そういうスタンス意見をいただけるとありがたいです!どしどしどうぞ。

 

今後ともまこちょ英語ブログ」をよろしくお願い申し上げます。まこちょでした。

【まこちょからお知らせ】:あなたの英語の疑問を当ブログで解決しませんか?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして本当にありがとうございます!当ブログ運営管理人まこちょです。

 

もともと当ブログは、実際に受験の現場で、私が生徒から受けた英語に関する質問事項を、他の生徒とともに共有するために立ち上げたものでした。

 

したがって当ブログは、ご存知の通り、限りなく【実際の私の授業形式そのもの】で執筆しています(ちなみにこれを私はTeaching Like Talking(TLT)と勝手に命名しています。はい、言いたかっただけです、すみません)

 

最初は本当に身内だけが閲覧しているごく小規模なブログだったのですが、意外なことに、たくさんの読者に見ていただけるようになったのは正直びっくりしています。そしてさまざまなご意見を全国の受験生、英語関係者からいただいたりして、本当にありがたい、というかひょっとしたら一番英語の「得」をしているのは他ならぬ「私」だな!なんて内心ほくそ笑んでいたりしているのは内緒です(笑)。

 

当ブログは生徒の英語に関する疑問を吸い上げて、それをなるべく分かりやすく、簡潔に解説することをモットーにしているのですが、最近、コメントなどで「○○について解説してくれませんか?」「英文法のこの辺をもっと簡単に掘り下げてくれないだろうか?」等のご意見をいただくことが多くなってきました。

 

そういったコメントをいただくたびに、私のような受験現場にたずさわっている者でも気づくことのできない英語の疑問・質問などに気づかせてくれて、本当にありがたいなぁと毎日思っています。ほんとに貴重なんですよ、受験生や英語学習者の生の声って。

 

そこで、全国に散らばっているであろう受験生や英語学習者の「心の叫び(大げさ?)」を当ブログでもっと積極的に解決できないかと考えるようになりました。

 

あなたの英語の疑問(何でもok)を、私が当ブログの記事にして解決します!!

 

ぜひ、素朴な疑問を私・そして他の読者とともに共有できたらと考えています。どしどし応募してください。

 

いちおう最低限のルールを決めておきますね。

 

  1. 質問は下の「コメント欄」について受け付けます。もちろん個人情報等が漏れる心配はございません。
  2. 英語についての疑問・質問に限ります(まこちょについて聞きたい!はNG)。
  3. 誹謗中傷等のコメントはご勘弁を。
  4. あなたの疑問を当ブログで記事にしますので、当然内容が他人に見られます。この点がokな人に限ります。
  5. まこちょ英語ブログの「新カテゴリ」についてもご意見ください。「前置詞についてやってくれ!」「マーチ英文法を攻略してくれ!」なんてのもok。

 

以上です。最近質問事項がどんどん増えてきていますので、なかなか採用されないかもしれませんがそれはご了承ください。あなたの英語の質問・疑問が、全ての英語学習者(そして私もね)をより強くする!そういうスタンス意見をいただけるとありがたいです!どしどしどうぞ。

 

今後ともまこちょ英語ブログ」をよろしくお願い申し上げます。まこちょでした。

入試英文法【単元別】
スポンサーリンク



まこちょをフォローする
まこちょ英語ブログ

コメント