まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

The 比較級, the 比較級はかなり深い?応用を含めて完全に理解しよう!【やさしく語る英文法】

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20170906161806j:plain



この記事を読むと
The 比較級, the比較級の構文がしっかり分かります。



● こんにちは、まこちょです。




英文法の単元の中に「比較」というジャンルがあります。中学で初めて学習するのですが



-er than... 「...よりーだ」

as ~ as... 「...と同じくらい~だ」

the -est of(in)... 「...の中で一番ーだ」



なんていう表現があって、それはそれは英語学習者をなかなか困らせてくれる単元でした。覚える部分が多いからでしょうか、「高校生英文法嫌いランキング」助動詞に次ぐ2位にランクインしています。



高校英文法になるとこの「比較」の単元はますます細かくなって質問も多くなってくるのですが、この「比較」のなかにThe 比較級, the 比較級という構文が出てくるんです。



この構文は形が非常に独特で、最初は生徒たちの興味が深々なのですが、蓋を開けてみると非常に奥が深い厄介な構文です。




4択問題、整序問題、和訳などこの構文に関しては話題に事欠かないくらい数多くの問題が生まれています。




そこで今回の記事はこのThe 比較級, the 比較級を徹底攻略!ぜひこの構文のプロ(?)になってください。とにかくさまざまな角度から出題されるこのジャンルですが、一回モノにしてしまえば皆さんの武器になってくれることは間違いありません!ぜひ会得しましょう。

まずは基本構造を知っておこう


このThe 比較級, the 比較級ですが、正確に書くと基本はこのような形になります。




The 比較級 S+V, the 比較級 S+V
「~すればするほど、ますます...だ」



この2つのS+Vで分かる通り、この構文2つの文を使います。通常2つの文を繋げる場合は「接続詞」というものが必要なはずですが、この構文にはそれがありません。カンマ(,)を使ってくっつけるだけなんです。まずこの点が非常に特殊ですね!



※この部分については諸説あり「最初のtheが実は「接続詞」の役割を果たしているのだ」という英語学者もいらっしゃいますが、今回はこの点については触れないこととします。


例文をちょっとあげてみますね


The older we grow, the weaker our memory becomes.
「年をとればとるほど記憶力は弱くなる」



うーん、見れば見るほど不思議な形ですよね。



この構文は一体どうやって作られているのでしょう?実はこの点も入試問題では鋭く突いてきたりします。ぜひ知っておかなくてはなりません。

the 比較級 S+V が出来上がるまでの注意ポイント

この構文ができるまでですが、今から実際に作ってみます。



例① I am busy



例② I have many books




このThe 比較級 S+V の形ですが、比較級になる部分はもともと動詞の後ろにあった形容詞を前に持ってくることは非常に重要なポイントです。


The 比較級 S+Vのポイント①
比較級の部分は元々動詞の後ろにあった形容詞



例①の文ですが、busy形容詞。動詞の後ろにありますよね。今からこのbusyを前に持っていきます。


busyの比較級はbusierですからその前にtheをつけて



I am the busier



そして前に持っていく。



The busier I am
「忙しければ忙しいほど」



これで完成。簡単ですよね。例②はどうでしょう?



I have many books



many形容詞。したがってここを比較級にしましょう。many比較級moreです。theをつけて




I have the more books




前に出す。




The more I have books




ちょっとまった!間違っています。もう一度例①と例②をよく見比べてください。



そうまずはここが良く間違えるポイントの1つ。形容詞を比較級にする手順は間違ってないのですが、その形容詞には2種類あるということを忘れてはいけません。


The 比較級 S+Vのポイント②
形容詞は2種類
① 動詞の補語(C)
名詞にかかる形容詞



例①は動詞am補語(C)になっている形容詞で問題ないのですが、例②のmany後ろの名詞を修飾している形容詞です。



この場合、形容詞は後ろの名詞とセットになっていると考えましょう。



したがって many books【 many books】 と考え、




The more books I have.




booksも前に引っ張ってあげなければならないんです。これは良く間違えるポイントですので注意しましょう!



The more time you have, the more work you can do.
「時間があればあるほど、たくさんの仕事ができる」

The 比較級 S+VのS+Vは省略できる


このポイントも知らないとビックリしてしまうポイントです。この構文代名詞の主語とbe動詞、つまりit isは省略される場合があるんです。

The 比較級 S+Vのポイント③
The 比較級 S+VのS+Vは省略されるときがある



まずは代名詞とbe動詞が2つとも省略されたパターンはこちら。


The more (it is), the better (it is).
「多ければ多いほど良い」

The more, the better.



次はbe動詞だけ省略したパターン。


The smaller the class (is), the friendlier the students (are).
「教室が小さければ小さいほど、ますます生徒たちは仲が良くなる」

The smaller the class, the friendlier the students.

The 比較級 S+VのS+Vが「倒置」することがある


これも頻出。be動詞で起こることが多いです。全体のリズムの関係でSとVを逆にしてしまうことがあるんですね。知らないと最初は面食らうかもしれません。


The 比較級 S+Vのポイント④
The 比較級 S+VのS+Vは倒置することがある




The more money you earn, the bigger the house is.
「金を稼げば稼ぐほど、ますます家が大きくなる」



The more money you earn, the bigger is the house.


The 比較級 S+V, the 比較級S+Vの主節が通常の語順のまま


最後にこれをいきましょう。国公立2次試験の和訳問題によく登場します。



The 比較級 S+V, the 比較級 S+V「主節」は「ますます~だ」の方、つまり後ろのthe 比較級 S+Vの方なのですがこの主節の部分のthe比較級の部分が前に出てこない場合があるのです。しかもこの時は主節の部分を前に持ってきて表現することが多い。つまり



S+V the 比較級 the 比較級 S+V




という形になっていることがあるということです。マジかよ...


The 比較級 S+Vのポイント⑤
S+V the 比較級 the 比較級 S+Vの形になっていることがある



I like the better the sweeter cofee is.

「コーヒーは甘ければ甘いほど、ますます好きだ」



この時、主節の方のみにしかこの現象は起こりませんので訳出に注意しましょう。

まとめ

f:id:makocho0828:20170906161902j:plain




さて今回はいかがだったでしょうか。このThe 比較級, the 比較級はなかなか受験生泣かせだったりして大変なのですが、だからこそ正答できたときは他の生徒と差をつけられるポイントになります。ぜひマスターしてみてくださいね!



ではまた


何がなんでも読んでおきたい!