まこちょの具体的なプロフィールはこちら(テストには出ません)
英作文をしっかり書きたい人へ
無料講座第3弾!ライティング講座登録

比較の「倍数表現」はどう表現するのか?3パターンを攻略しよう

比較級・最上級

この記事は

比較の「倍数表現」っていったい何ですか?表現方法を教えて欲しいのですが…

と悩んでいる英語学習者に向けて記事を書いています。

 

●みなさんこんにちは、まこちょです。

 

みなさん「倍数表現」ってご存じでしょうか?英語で「比較級」あたりを学習していると、このような言葉を目にするようになります。

 

ちなみに比較を完全に理解したい方は、こちらのロードマップをご覧になってください

「比較」の学習方法が分からない人必見!効果的な手順を教えます

通常比較級は-er than…(more- than…)やas~as…といった表現が普通ですが、この形に一工夫すると「~の何倍の…だ」といった表現にすることが出来るんですね。

 

ところがこの「倍数表現」、実は形が結構多彩です。しかも比較の「倍数表現」に関するルールは意外に多く、少々面倒くさいです。

 

そこで今回は比較の倍数表現について徹底的にまとめてみました。やたらに質問が多いこの箇所、思い切って完全制覇してみてはいかがでしょうか。

以下の記事をお読みいただくと、次の点であなたの英語力は更なるグレートアップを果たすのは間違いありません。

 

▶比較の倍数表現について完全に理解できる

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

「倍数表現」とはいったい何?

倍数表現というのは「AはBの何倍の~だ」と、文字通り2倍、3倍などと表す用法です。

 

通常as~as…などの比較級と一緒に使うのですが、この表現、思った以上に「深い」ので注意しましょう。

 

【倍数表現の基本的な使い方】
―times as~as…「…の-倍の~だ」

 

This house is three times as large as that one.

「この家は、あの家の3倍大きい」

 

上記の例文は「倍数表現」の基本的な使い方ですが、as~as…の最初のas(ちなみに品詞は副詞です)の前に-times「-倍」の表現を置きます。

 

まぁ、そういう意味では極めて簡単な表現なのですが、この倍数表現、知っておくべきちょっとしたルールがありますので確認しておきましょう。

 

【倍数表現のルール(1)】
-timesを使うのは「3倍」からで「2倍」はtwiceの表現を使うことが多い

 

まずはここから。この倍数表現ですが、何でもかんでも-timesという表現を使うわけではありません。

This house is twice as large as that one.

「この家は、あの家の2倍の大きさだ」

 

―timesを使うのは「3倍」からで、「2倍」はtwiceを使う場合が多いことは押さえておきましょう。ただし!two timesという表現は使わないというわけではありません。

 

あくまで優先順位のお話です。

 

She runs twice as fast as me.

=She runs two times as fast as me.

「彼女は私の2倍、速く走る」

 

同様にhalf「半分」もtimesを使いません。つまりtwice timesとかhalf timesとは表現しないことに注意しましょう。


He studied half as much as she did.

「彼は彼女の半分しか勉強しなかった」

 

また分数倍(1/3など)の時もtimesを使いません。これも知らないと苦労するのではないでしょうか。

This dog is two-thirds as large as that one.

(この犬は、あの犬の2/3倍の大きさだ)

 

ちなみに分数倍の代わりに%(パーセント)表記にすることもできますが、これもtimesを使いません。

 

Women earn nearly 80 percent as much as men in this country.
「この国では女性の収入は男性のおよそ80%です」

 

スポンサーリンク

小数点のついた倍数表現

倍数表現には、例えば「1.5倍」とか「2.5倍」など、小数点のついたものも当然あるわけですが、表現の仕方に特徴がありますので覚えておきましょう。

 

1.5倍=one and a half times

 

2.5倍=two and a half times

 

This box is two and a half times as large as that one.

「この本はあの本の2.5倍の大きさだ」

 

もちろん単に数字で表現しても大丈夫です(^^)/

 

This box is 2.5 times as large as that one.

 

倍数表現はas~as…と一緒に使うだけじゃない

この倍数表現は、とにかくas~as…と一緒に使われるものですから、いつしかこのパターンしか倍数表現は使えないんじゃない?とカン違いする方が多いです。

 

実はこの倍数表現は-er thanなどの「比較級」と一緒に使うことも出来るんです。

 

This bridge is four times longer than that one.

「この橋はあの橋の4倍長い」

 

as~as…の部分が-er thanに代わっただけで、使い方は全く一緒です。ですが、

 

※注意※
この-times +-er than の倍数表現ですが、twiceやhalf、または分数倍は使うことが出来ないことに注意!これも難関大学入試の正誤問題などに登場します。

 

「この橋はあの橋の2倍の長さだ」

 

×This bridge is twice longer than that one.

○ This bridge is two times longer than that one.

 

-times the 名詞 of~

倍数表現の「応用形」の形はそれこそたくさんあります。この表現に至っては、もはや「比較級」を使っていませんからね。(/ω\)

as~as…や-er than…の部分をthe 名詞 ofという形で表現することもできるのです。例えば

This pen is twice as long as that one.

This pen is twice the length of that one.

「この棒は、あの棒の2倍長い」

 

My house is one-third as large as yours.

My house is one-third the size of yours.
「私の家はあなたの家の3分の1の大きさです」

 

この時の注意ポイントですが、as~as…も~er than…も、「~」の部分には形容詞か副詞が入りますよね?

ところが-times the ~ ofの「~」部分には、前に冠詞のtheがついていることからお分かりのように、必ず名詞です。

したがってこの倍数表現を書き換えする場合には、形容詞・副詞の部分を名詞にチェンジしなければなりません。

そこで、以下の書き換えパターンを覚えておきましょう(^^)/

 

large「大きい」→ size「大きさ」

long「長い」 → length「長さ」

high「高い」→ height「高さ」

fast「速い」→ speed「速さ」

wide「広い」 → width「広さ」

deep「深い」 → depth「深さ」

 

Ken drives twice as fast as other people on the road.

Ken drives at twice the speed of other people on the road.
「ケンは道路では他の人の2倍のスピードで運転する」

 

スポンサーリンク

そもそもなぜ「times」が「~倍」を表すのか?

ここでよくある質問をご紹介します。それは

「なぜ倍数表現の『~倍』を表すのに-timesを使うのか?」

というもの。確かに不思議といえば不思議ですよね。

ですが、答えは簡単。英語では「×(掛ける)」を使うときにtimesを使うからなんですね(^^)/

6×4=24

 six times four is twenty-four.

3×3=9

three times three is nine.

 

倍数表現の疑問文はどう表現する?

さて、倍数表現ですが、これが最後のテーマになります。

 

みなさんは、倍数表現の文章を疑問文に出来るでしょうか?例えば「九州は東京の何倍くらい大きいの?」はどう表現するでしょう?

 

この倍数表現の「疑問文」ですが、ちょっとしたルールがあります。以下のポイントに気をつけてください。

 

【倍数表現の疑問文】

  1. How many times~?を使う
  2. この場合、必ず比較級表現を使う-er than(more-)as~asで
  3. timesの後ろには必ず比較級表現を置く

 

この点に注意して先ほどの日本語訳を英訳すると、


How many times bigger is Kyushu than Tokyo?

 

 

もちろんas~asの間に、「形容詞+名詞」が入るパターンでも疑問文を作ることが出来ます。

She has five times as many books as you (have).
=She has five times more books than you.

「彼女はあなたの5倍の本を持っています」

How many times as many books as you (have) does she have?
=How many times more books does she have than you?

「彼女はあなたの何倍の本を持っていますか?」

 

と表現します。必ずマスターしよう!(^^)/

スポンサーリンク

比較の倍数表現:まとめ

さて、今回は比較の「倍数表現」について徹底考察しましたがいかがでしたでしょうか?

 

倍数表現とかいって軽く構えていると、意外な落とし穴にはまりますので注意が必要です。ぜひマスターしていただいて、今後の英語学習にお役立てください。

 

なお、今回の「倍数表現」の記事ですが、私のメルマガ「大人のやり直し英文法」からの抜粋になります。もし英文法をもう一度!と考えていらっしゃる方は、ぜひ以下のURLから登録してくださいね!

↓↓↓↓

まこちょの大人のやり直し英文法登録フォーム

また会いましょう。

●この記事で得た知識をもとに実践英文法問題を解いてみましょう!以下のURLで比較級・最上級の問題にチャレンジ!

↓↓↓↓

比較級(原級・比較級・最上級)の大学入試問題に挑戦!

 

この続きはcodocで購読
まこちょの最新情報を深くお届け!
友だち追加
もう英文法に踊らされるのはやめませんか?暗記一辺倒の英語学習から脱却して英文法を一生ものの武器に変える!そのためのお手伝いをメルマガ講座で行います。
まこちょの5分で解決!大人のやり直し英文法講座【英語で踊れ】

今、メルマガ登録につき無料レポートをプレゼント!

無料レポートタイトル
「なぜ英文法学習が必要なのか?英文法を再びやり直すとき、あなたが必ず知っていなければならないマインド」

比較級・最上級
スポンサーリンク
まこちょをフォローする



まこちょ英語ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました