まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

"not A or B"構文の解釈は万全か?否定の範囲に気をつけよう!【第68回英文解釈】

f:id:makocho0828:20170318192338j:plain

  • 本日の問題
  • orの繋いでいるものは?
  • notの否定する範囲はどこまで?
  • 倒置構文を見切ろう!
  • that節の種類は?
  • まとめ


● こんにちは、まこちょです。


本日は否定のnotの守備範囲を考えてみたいと思います。この点は解釈上重要ポイントになりますので、ぜひじっくりと取り組んでみてください。


また等位接続詞が複雑に絡み合った文を丁寧に解きほぐしてみましょう。


本日の問題


【問67】

① Man's greatest invention was not in the use of mechanics, or steam, or electricity, or in taming the forces of the atom. ② Far more important was his finding out that the noises he makes in his throat when he wishes to express some emotion could be developed into a system which he could use to communicate complex ideas to his fellows.



本日は2文構成。ぜひ最後まで丁寧に読んで見てくださいね。

続きを読む

【英作文編】大学受験、英語の勉強法とおすすめ参考書・問題集を全部書いてみた!④【高校生必須】

f:id:makocho0828:20170315171332j:plain

  • 英作文おすすめ勉強法・参考書
    • 高校1年生(中学3年生から可)
    • 高校2年生
    • 高校3年生
  • まとめ


●こんにちは、まこちょです。


これまで「大学入試」の科目である「英語」の勉強法、および参考書等のご紹介をさせていただいたわけですが、今回は第4回「英作文」編になります。


英作文はもちろんこれまでインプット学習した「英文法」「単語」「語法」などを逆に表現するアウトプットの作業と言えます。

続きを読む

「最近」の英語表現はrecently? these days?使い分けをしっかりする方法!【英作文講座⑥】

f:id:makocho0828:20170313144233j:plain

  • 記事を最近読んだ
  • 「最近」の表現は気をつけよう
  • ストレスの量
  • ~と関係がある
  • 生活様式
  • まとめ

● こんにちは、まこちょです。


いつも当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます。


この「英作文講座」は「読者参加型」のアウトプット形式になっています。


おかげさまで毎回積極的に参加してくださる読者の方もいらっしゃいます。本当にありがたいお話ですね。


今回は25名の読者の方が課題を送ってくださいました。こうして見るといろいろな表現があるなぁと改めて思います。

続きを読む

結果・程度の副詞節の倒置形 So ~ that / Such ~ thatの形とその対処法はこれだ!【第67回英文解釈】

f:id:makocho0828:20170311183340j:plain

  • 本日のお題
  • 主節の主語(S)と動詞(V)を見つけよう
  • theに敏感になろう
  • 文型をしっかり把握しよう
  • asの性格をしっかりつかもう
  • 文型を正確につかもう
  • まとめ

● こんにちは、まこちょです。


今回は某大学の和訳問題をセレクト。もちろん解釈上重要なポイントが満載なのは言うまでもありません。


特に「結果・程度」の副詞節、so~that、such~that「倒置構文」に慣れましょう。


ぜひ、英文を味わってください。

本日のお題


【問67】

① So intimate is the relation between a language and the people who speak it that the two can scarcely be thought of apart. ② A language lives only so long as there are people who speak it and use it as their tongue, and its greatness is only that given to it by these people.

続きを読む

「お客」の表現 customer、guest、clientの違いとは?その使い分けを徹底比較してみた!

f:id:makocho0828:20170309161857j:plain

  • customer
  • client
  • guest
  • audience
  • passenger
  • spectator
  • visitor
  • まとめ

● こんにちは、まこちょです。


われわれが普段使っている「お客さん」という言葉は、例えばホテルの「お客様」、お店の「お客」など、極端なお話、「客」という単語を知っているだけで通用しますよね。


ところが英語はこの「客」も状況によってしっかりと使い分けるというからビックリですよね。「客」を表す単語をざっと挙げてみてもcustomer、guest、clientなど非常に細かく分かれるんです。


したがって英作文等でもしっかり「使い分け」をしなければいけません。


そこで今回は「客」を表す英語表現を、状況に応じて適切に使い分けてみましょう!

続きを読む

【英文解釈編】大学受験、英語の勉強法とおすすめ参考書・問題集を全部書いてみた!③【高校生必須】

f:id:makocho0828:20170307204042j:plain

  • 英文解釈とは
  • おすすめ参考書・問題集【英文解釈編】
    • 高校1年生
    • 高校2年生
    • 高校3年生
  • まとめ


● こんにちは、まこちょです。


前回、前々回と「おすすめ参考書・勉強法」を紹介させていただいたところ、思った以上に反応があり、


「英文解釈」はまだか!という声が多く寄せられていましたので、今回は「英文解釈編」を書こうと思います。


初めにお断りしておきますが、ここでご紹介する「参考書・問題集」は、大学入試の現場で指導している私がこれまでの受験生の傾向を見ながら【独断と偏見】でセレクトしているということをご了承ください。

続きを読む

英文の「省略」はどんな時に起こるのか?基本原則を忠実に突いた良問はこれだ!【読解問題③】

f:id:makocho0828:20170306002709j:plain

  • 本日の問題
  • もう一度あのやり取りを考え直そう
  • まとめ


● こんにちは、まこちょです。


本日の【うなる読解問題】、厳選してみなさんにお届けします。


この問題はぜひやっていただきたい問題なんです。


それと同時にこれまでのそれぞれの英語学習をいったん顧みていただきたいという思いもあるんです。


後悔はさせません、震えるほどの英文読解、お楽しみください。


本日の問題


【問】次の下線部を和訳せよ

① I want to talk about memory-memory and the loss of memoryーabout remembering and forgetting. ② My own memory was never a good one, but such as it is, or was, I am beginning to lose it, and I find this both a worrying and an interesting process. ③ What do I forget? ④ I won't say everything: of course, that would be going too far. [東大80年]

続きを読む

stillとyetの使い方の違いとは?過去形と現在完了形を使いこなそう!【英作文講座⑤】

f:id:makocho0828:20170303193007j:plain

  • 彼は小説を2冊貸してくれた
  • どちらもまだ読んでいません
  • まだ
  • どちらも~ない
  • この2週間試験勉強で忙しかった
  • まとめ


● こんにちは、まこちょです。


この英作文講座も今回ではや5回目。みなさま、精力的に英文をアウトプットしてますか?


この「英作文講座」は読者参加型カテゴリになっており、毎回「課題」を事前に提出していただき、それを検討してみるというスタイルを取っています。


読者のなかには毎回積極的に送ってくださる方もいらっしゃいまして、本当に感謝しかありません。


出来るだけ続けようと思っていますので、ぜひ応援してくれれば幸いです。

続きを読む

疑問詞の強調構文に気をつけろ、半分慣れも必要だ!の巻【第66回英文解釈】

f:id:makocho0828:20170302115859j:plain

  • 今日のお題
  • SとVを特定しよう
  • 強調構文の疑問文の形に【慣れよう】!
  • このtheはいったい何?
  • andが繋いでいるものは?
  • まとめ


● みなさんこんにちは、まこちょです。


今回も読みがいのある英文をセレクト。


ぜひ最後まで粘り強く読んで見てくださいね!


要所要所にこれまでの復習ができるように配慮したものになっています。

今日のお題

【問66】

① Strange to say, of all the irrational fears undoubtedly the strongest and most common one is the fear of speaking in public. ② Why is it that the simple act of standing in front of a group of people and talking to them for a few minutes should produce such astonishing physical reactions?


本日は2文構成。解説が長いですがゆっくりお付き合いください。

続きを読む

原形不定詞とは一体何か?英語で押さえる3つの表現はこれだ!【やさしく語る英文法⑮】

f:id:makocho0828:20170228180256j:plain

  • ① 使役動詞のmake / have / let
  • ② All you have to do is (to) do
  • help+目的語+to 動詞の原形
  • まとめ

● こんにちは、まこちょです。


みなさんは「原形不定詞」って聞いたことありますか?


そう名前の通り「不定詞」の一種なんですけども、


不定詞っていったらto + 動詞の原形(to V)じゃないですか?ところがこの原形不定詞っていうのはこのto【ない】んです。

続きを読む

「否定の副詞」が文頭に来るとなぜ倒置するのか?徹底考察してみた!

f:id:makocho0828:20170227191520j:plain

  • 副詞は自由度が高い⁈
  • Only はどうか
  • まとめ

● みなさんこんにちは、まこちょです。

 

英語には「否定の副詞」と呼ばれるものがあります。

 

そう、not、never、などが代表的ですね。

 

こういったものが「文頭」にくると「倒置」といって、後ろの文の語順が変わるという、ちょっと厄介な現象がおこるんです。

 

具体的に言うと後ろの文が【疑問文と同じ語順】になるんですね。例えば

 

続きを読む

文頭の「否定の副詞」による「倒置」の対処は万全か?徹底考察してみよう!【第65回英文解釈】

f:id:makocho0828:20170225153533j:plain

  • 本日のお題
  • andの繋いでいるものは?
  • 代名詞を特定しよう
  • 文頭の「否定の副詞」に注目しよう
  • filledは動詞?過去分詞?
  • 主語はどこ?
  • まとめ

● みなさんこんにちは、まこちょです。


今回もポイントを絞った英文をセレクトしました。


ぜひとも丁寧に解釈していただけたらと思います。


特に「倒置」についてのアプローチは注意しましょう。

本日のお題


【問65】

① We are children only once, and then only for a few short years. ② But these are the most impressionable years of a lifetime. ③ Never again will the world and everything in it be excitingly new, so filled with wonder. ④ Never again will physical, mental, spiritual, growth be so natural and unavoidable.


今回は4文構成ですね。きっちり最後まで読んでみましょう。

続きを読む

「~した」はいつでも過去形か?現在完了形との違いを知ろう!【英作文講座④】

f:id:makocho0828:20170223162743j:plain

  • 「~した」
  • 過去形と現在完了形の違い
  • 「大学に進学する」
  • 「決める」
  • 「目下、勉強中である」
  • 「試験に向けて勉強している」
  • まとめ


● みなさんこんにちは、まこちょです。


この「英作文講座」今回で4回目、このブログ初の「読者参加型」なカテゴリーになっていますが、おかげさまで毎回参加してくださっている方もいらっしゃいまして、本当に感謝、感謝です。ありがとうございます。


このカテゴリーは英作文が得意な人もそうでない方も、一緒になって、ある1つの課題について「あーでもない、こーでもない」と批評してみようというコーナーです。


いや、本当にいろいろな書き方があるなぁ、と感心することが多く私も非常に勉強になっています。


さて今回の課題は

続きを読む