まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

SVOCの倒置形OSVCに気づくための方法とは? 和訳のコツを教えます!

f:id:makocho0828:20171101162629j:plain


この記事を読むと
SVOCの倒置形に気づくコツが分かります。



●こんにちは、まこちょです。




英文はどんなに長い文でも5文型のどれかに振り分けることができるのはみなさんもご存知かと思います。




ところが英文によってはこのSVOCの語順にすんなりハマってくれない複雑な英文もあるんですね。今回はそのような英文を和訳してみたいと思います。

続きを読む

「様態」表す接続詞のasの見分け方とは?知っておくべき訳出テクニックはこれだ!

f:id:makocho0828:20171030143348j:plain


この記事を読むと
接続詞asが「様態」を表していることがあっさり分かります。



● こんにちは、まこちょです。



英語学習者に和訳問題で出題されたときに一番「イヤな」文法単元は何か?と聞くとかなりの頻度で出てくるものがあるんです。



それが接続詞のas

続きを読む

thoughとalthough、even thoughの違いとは?2つの違いをしっかり使い分けよう!

f:id:makocho0828:20171027143854j:plain


この記事を読むと
thoughとalthoughの違いが分かります。



● こんにちは、まこちょです。




みなさんは日頃の英語学習でthoughalthoughという単語を見たことがあるかと思います。そう「~だけれども」という譲歩の接続詞ですね。




この2つは学習によっては「同じ」と教えられることもあるようですが、実は使い方に結構違いがみられます。またthoughには接続詞だけではなく独特の使い方がありますので注意が必要。この点は大学入試でも問われてしまうのは怖いですね。

続きを読む

so、too、asの後ろが形容詞+a(n)+名詞になるのはなぜか?suchとの違いを明確に!

f:id:makocho0828:20171025200137j:plain


この記事を読むと
so、too、as、howの後ろが形容詞+a(n)+名詞になる理由が分かります。



● こんにちは、まこちょです。



英語には時としてピンポイントで学習しなければならない単語というものがあります。それが今回ご紹介するso、as、tooになります。



この単語は非常に厄介であり、生徒の質問も本当に多い箇所、しかもその質問内容が必ず一致するんです。

続きを読む

enoughの使い方は完璧か?その用法と使い方を徹底攻略!

f:id:makocho0828:20171024170611j:plain



この記事を読むと
enoughの用法が完全に分かります。



こんにちは、まこちょです。




英語の表現の中にenoughという単語がありますが、この単語、大学入試問題では頻出で、本当によく出題されますね。




それこそ4択問題、整序問題、書き換え問題等あらゆる形で出題される非常に厄介な単語です。

続きを読む

「理由」の接続詞because、since、as、forの違いとは?その使い分けを徹底解説!

f:id:makocho0828:20171021162659j:plain


この記事を読むと
「理由」の接続詞because、sinceなどの使い分けが分かります。



● こんにちは、まこちょです。




英語の接続詞は多種多様です。しかも日本語より使い分けがシビア。




例えば「~するとき」の接続詞にはwhenがありますが、それこそニュアンスの違いでwhile、the moment、as soon asなど使い分けたりします。なかなか使いこなすのは難しいものなんですよ、ええ。

続きを読む

suggestの語法を徹底的に極める!「人」目的語を取れない形をマスターしよう

f:id:makocho0828:20171019150521j:plain



この記事を読むと
「suggest」の語法が徹底的に分かります。



● こんにちは、まこちょです。




動詞には「語法」といって、英文の中で使い方がある程度決まっています。



例えば「言う」という単語にはsay、tell、speak、talkのように様々種類がありますが、どれも使い方が決まっているので、適当に英文で使うことができないんですね。tellの後ろは「人」目的語が来る、とかね。

続きを読む

go to schoolとgo to the schoolの違い!普通名詞が「無冠詞」になる理由を説明します

f:id:makocho0828:20171014162237j:plain


この記事を読むと
go to the schoolが間違いではない理由が分かります。



● こんにちは、まこちょです。



今回の記事のテーマは英語学習者ならば一度は疑問に思う箇所なのではないでしょうか。そのくらいよく質問を受ける箇所になります。



先日もこんな質問が上がったんです。



「先生、schoolって「普通名詞」ですよね?普通名詞は数えられる名詞(可算名詞)なのに、なぜgo to schoolの時は冠詞をつけないのでしょうか」

続きを読む

英語学習者のモチベーションアップ!負けるなこれが震える英語名言7選だ

f:id:makocho0828:20171013164821j:plain



この記事を読むと
英語学習者にとって励みになる英語の名言が分かります。



● こんにちは、まこちょです。




英語学習は正直言って地味です。いや、いきなりで申し訳ないんですけど。




よく英語学習は「マラソン」に例えられるように、いかに途中で顔を上げないでコツコツと継続していくかが肝になりますが、その過程には正直「派手さ」はありません。

続きを読む

関係代名詞の制限用法(限定用法)と非制限用法(継続用法)の違いとは?

f:id:makocho0828:20171011181517j:plain


この記事を読むと
関係代名詞の制限用法と非制限用法の違いが分かります。



● こんにちは、まこちょです。




関係代名詞を使った文章を見てみると、関係代名詞の前に「,(カンマ)」がついている時がありますよね。この前、失礼ながら思わず吹き出してしまった質問を生徒から受けました。それは、




「先生、この文章って、関係代名詞の前にカンマがついているんですが、別にカッコつける必要はないですよね?なんかキザに見えません?」

続きを読む

この接続詞は「~節」?受験で狙われる接続詞の種類を徹底的にまとめてみたよ!

f:id:makocho0828:20171008203233j:plain


この記事を読むと
受験で狙われる接続詞の種類が分かります。



● こんにちは、まこちょです。




いきなり突然ですが、あなたは接続詞を見ただけで「これは名詞節だ!」とか「いやこれは副詞節だ!」と即座に判断することができますか?例えば文中にwhenが出てきたときこのwhenは「~節」を取る可能性があるのか即答できるでしょうか。




もちろん、ある接続詞が「~節」を取ると分かるのは、英文の構造(SVOCM)等をしっかりと理解していれば判断することができるのですが、実は慣れてきたら、ある程度接続詞を見ただけで「~節」を取るのか判断できるようになると非常に楽に英文を読めるようになります。

続きを読む

英語学習は音読なしで成績が上がると思うなよ?その理由と方法はこれだ!

f:id:makocho0828:20171006205908j:plain


この記事を読むと
英語学習で「音読」の重要性が分かります。



● こんにちは、まこちょです。




先日、ある生徒から英語の学習について質問を受けたんですよね。




なんでもその生徒が言うには、

続きを読む

「手段」を表すby、on、with、inの違いとは?前置詞表現を使い分けよう!

f:id:makocho0828:20171005155921j:plain



この記事を読むと
「手段」を表す前置詞の使い分けが分かります。



● こんにちは、まこちょです。




英語には「手段」(~で)を表す表現として前置詞を使うのですが、これが実は使い分けが必要だったりして、英語学習者が苦手に思う箇所らしいのです。



日本語でしたら「~で」「~によって」で済むのですけどね。

続きを読む

見せかけのhave toとはいったい何?関係代名詞節中のhave toは要注意!

f:id:makocho0828:20171003175602j:plain


この記事を読むと
関係代名詞中のhave toは2種類の解釈があることが分かります。


● こんにちは、まこちょです。



英語には時として「見た目」で騙されてしまう英文があります。今回紹介するhave toもその一つ。



have toを見たらみなさんはどう思いますか?おそらく英語学習者ならばhave to = mustを即座に思い浮かべて「~しなければならない」じゃないんですか?と思うはずです。大丈夫です、まったく正常です

続きを読む

during ~ingがダメでwhile~ingがokなのはなぜか?その違いを徹底解明!

f:id:makocho0828:20171001130347j:plain


この記事を読むと
duringの後ろには~ingを置けない理由が分かります。


● こんにちは、まこちょです。



英語にはよく書き換え問題などがありますが、その中にもwhileduringを使った書き換えは超有名問題です。例えば



While I was staying in London, I visited my uncle.

「ロンドンの滞在中、私は叔父の元を訪れた」

続きを読む