まこちょ英語ブログ

英語についてつらつらと学習するサイト

MENU

第2文型の謎:I am kindness.はなぜ間違いなのか検討するぜ!

★★お知らせ★★

スポンサーリンク

f:id:makocho0828:20161011170517j:plain



● ういっす。まこちょです。

みなさん、第2文型(SVC)ってご存知ですか?ってそこの君!ブログ閉じようとしないでね(笑)

馬鹿にすんなよまこちょ!っという声がコメント欄に響き渡りそーです。

そう、この第2文型は、英文の核をなす「5文型」の1つで、英語をマスターするのに必須の知識です。

ところでこの第2文型(SVC)を取る英文の特徴にS=Cというのがありますよね。


え?何?知らない??心配しないで、この点は記事になっているので良かったら参照してね。
www.makocho0828.net

このS=Cという箇所はひじょーに重要なポイントになるんだけど、ここでちょっとした「カン違い」が起こるようなんだ。

例えば「私は親切だ」という文がそれ。

いや、みなさん分かってますよ?英作楽勝でしょ!ってなもんで、こう書ければ何ら問題ない。

例①: I am kind.

ところが、これはマジなんだけど、ごくまれにこう書いてしまう人がいるのだ。

例②: I am kindness.

この例②のパターンで書いた人の言い分がだいたいこんな感じになる。

「なぁ~んでだよまこちょ!S=Cなんだろ?だったら「私」=「親切」でいいじゃねーかよ。あ、分かった。kindnessのスペルが「長い」から文句あんだろ、なぁ?」

いや、まずスペルの長さはかんけーないから。

これね、【痛いほど気持ちは分かる】

そりゃそーだよ。S=Cだもん。「私」=「親切」って言う気になればいえちゃうもんなぁ~。

でも、よく考えてほしい。みなさんはどこかである「親切」な行動を見たとするね。その時「あ!【私】だ!」とは思わないじゃない。

そう、実はこのS=Cのポイントはもう一歩踏み込んで学習しておかなくてはならない。

Cの部分に「名詞」が来た場合、注意が必要だ。

本日の改善ポイント SVCのCが「名詞」のとき ⇒ SとCは【厳密】に「=」の関係にならなければならない

【厳密】って何かというと、例えば主語(S)が「人」の場合、Cも「人」が来なければいけないということ。

例③: He is a teacher.

この文はSVCの第2文型。He = a teacherで両方とも「人」を表す名詞になっているのが分かるかな?

先ほどの例②では、I 「人」だけどkindness「行為」だからね、厳密に「=」じゃないんだよね。もちろん×だ。

じゃあこのように【厳密に】「=」が成り立ってない場合はどうするか。

ここで「形容詞」の出番なのだ。形容詞は【厳密に】「=」じゃなくていい

つまりのニュアンスになってくれるんだ!

kindnessは名詞で「人」と「=」になってくれないけれど、kindは形容詞で「≒」の関係にすることができるってわけ!「≒」は「二アリーイコール」つまり「ほとんどイコール」の意味だ。

よし、これからは「彼は幸せだ」 I am ○ happy × happiness. 「このライトは明るい」はThis light is ○ bright × brightness だな! ばっちりだぜ。


まとめ


今回は第2文型の「=」の度合いについて、盲点になりやすい箇所を取り上げてみました。

最後に、実はkindnessを使って文を表現するパターンを2つ紹介して本日は終了したいと思います。

[パターン①] ⇒ allをつける

He is all kindness.
[パターン②] ⇒ itselfをつける

He is kindness itself.
このパターンのときはkindnessでもいいみたいよ。いやー英語って深いですねぇ!

ではまた!

こんな記事も読まれています。

www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net
www.makocho0828.net